フィギュアスケートのグランプリシリーズ(GP)第4戦フランス杯は14 日、予定されていた各種目のフリー演技がすべて中止に追い込まれた。フランス南西部ボルドーで開催していた同大会だったが、13日夜にパリ中心部で発生した同時多発テロの影響を受け、最終日(14日)の競技を中止することになったわけだ。この中止によってフランス杯の競技が成立しないという異例の事態に。国際スケート連盟(ISU)は成績の取り扱いについて現在も協議中とされるが、公平な決定を下すにはかなり難しい結論を出さなければならないだろう。現地からの報道によると、ISU関係者の話として、GPファイナル(12月・バルセロナ)出場を争うポイントについては、今回のショートプログラム(SP)の成績がそのまま換算される方向になるという。

 許し難いテロ事件により、思わぬ形で競技ができなくなった日本選手らは予定を1日繰り上げ、16日に無事帰国。予定のパリ経由ではなく、大会開催地のボルドーからローマへ空路で移動し、成田空港に到着した。

 今大会は今季GPの4戦目で、前半の3戦で表彰台に立った選手やGPファイナル進出を狙うトップ選手にとっては、ポイント争奪戦の大事な戦いであり、ファイナル進出を懸けた後半戦のスタートだった。今季から本格的なシニアデビューを果たし、自身GPシリーズ初戦だったスケートアメリカで堂々の銀メダルを獲得した宇野昌磨も、このフランス杯でのGP初優勝を狙っていた。「ファイナルに行きたい気持ちは強い」と公言している17 歳は、2戦目となるフランス杯に、自信がつくまで練習に取り組んできたという。

 そして、その成果をしっかりと出せた。今季、宇野がSPの演技をしたのは、USクラシック、スケートアメリカに続いて3大会目。1戦ごとに成長を遂げている演技内容を見せてきたが、ついに今回、すべてのジャンプを成功させての首位発進だった。それも、今年2月の四大陸選手権で出した自己ベストを更新する89.56点をマークする会心のノーミス演技。本人も「今シーズンのSPでジャンプを成功させることができて、『やっと』という気持ちが一番強いです」と、ようやくつかんだ手応えを口にしている。

 シーズン最初から「守りに入らず、攻めの気持ちで今季は取り組みたい」と話していたように、日本男子期待のホープは若さと勢いを見せつける試合ぶり。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を跳び、得点が上がる後半に組み込んだ4トーループを鮮やかに成功させて、最後の3フリップ+3トーループも1点以上のGOE加点を得るなど、全3回のジャンプをしっかり決めた。他のトップ選手たちはいずれもジャンプミスが出て、得点を伸ばすことができなかった。2014年ソチ五輪銀、銅メダリストのパトリック・チャン(カナダ)とデニス・テン(カザフスタン)や、昨年のGP大会で連勝したマキシム・コフトゥン(ロシア)ら強豪を抑えてのSP首位の快挙。「SPが今季一番の課題だったが、やっと練習の7割ぐらいの演技ができて安心」と話すほど上出来の演技を見せた。

 技術点で基礎点43.39点から5.32点アップの48.71点を叩き出して 他選手を圧倒。演技構成点でもスケートアメリカよりも得点増となり、出場選手中4位の40.85点で、これは自己ベストである。今季は少しずつ演技構成点で高得点を出せる素地が出来つつあり、滑り込んでいくシーズン後半で、いずれ高得点を得られる表現力が身についてくることは間違いないだろう。

 前述のように、今回のフランス杯ではイレギュラーでSPの順位をそのまま換算することになった場合は、宇野のGPシリーズ初陣でのファイナル出場が決まる。これは、日本男子では05-06シーズンの織田信成以来2人目の快挙になる。

ただ、本来はSPとフリーの合算で最終順位が決まり、フリーのほうが得点配分は大きいだけに、SPで中位につけてもフリーで挽回して表彰台に立つことは大いにあり得る。それだけにジャンプの失敗が響いて4位(80.10点)だったテンや5位(76.10 点)のチャンなど有力選手としては、何らかの救済措置を講じてほしいに違いない。かといって、今から別の大会にエントリーして出場するわけにもいかないだろう。最終的にISUがどんな結論を出すのか、宇野の処遇にかかわるだけに注目が集まる。

辛 仁夏●文 text by Synn Yinha