NTTぷららの板東浩二氏

写真拡大 (全11枚)

 NTTぷららは17日、2015年度の下期事業説明会を開催。代表取締役社長の板東浩二氏が出席し、「ひかりTV 4K」のサービスを中心に直近の戦略を語った。

■4K VODのビジネスは好調。海外サービスの上陸による影響はない

 ひかりTVでは、2015年10月に4K高画質のVODサービスを開始。スタート当初は124本だったコンテンツ数を着実に増やし、現在453本まで伸ばした。時間数に直すと300時間。ジャンルは映画やドキュメンタリー、エンタメ、歌番組など多岐にわたる。板東氏は2016年3月末までに700本まで4Kタイトルを増やして日本最大の4Kサービスにしたいと目標を掲げた。

 なお今秋から日本国内でのサービスが始まったNeflixやAmazonプライムビデオなど、海外発の定額制VODサービスが同社のビジネスに与えた影響について、板東氏は「先方のモバイルを中心としたビジネスモデルに対して、ひかりTVはテレビ向けが主戦場になるので、今のところは目に見える形でのインパクトはないとみている。ただ、良い面としてはVODそのものへの世間の関心が高まる効果はあると感じている」とコメントする。

 4K動画配信を普及させるための施策としては、「ひかりTVのVOD対応チューナーを内蔵するテレビをメーカーの協力を仰ぎながら広める活動に力を入れてきた」と振り返る。その結果、現在40〜80インチ台の大画面テレビを中心に約60機種の対応テレビが市場に出荷されている。「チューナー内蔵テレビをご購入いただいたお客様は、別途STBなしで、ひかりTV 4Kのコンテンツを楽しめるメリットが得られる。今後ますますユーザーが増えるだろう」と期待感を表す。

 4Kコンテンツは製作コストがかかる割には、ビジネスとして得られる利益が少ないという課題も指摘されているが、「その対応策として、当社では『ひかりTVクリエイターズチャレンジ』という4K映像制作のコンテストを実施しながら、優良コンテンツが拡大する土壌を肥やしてきた。専門学校HALで学ぶ有志の学生の皆様にカメラや編集機材をお貸し出しして、作られた4K映像から優秀な作品を選び出すというもの。最終的に大賞・優秀賞を3作品選んだ。非常にいい作品ができた」と、板東氏は成果を強調した。優秀作品については12月からひかりTV 4Kの作品として配信される。

 板東氏はさらに、クリエイターズチャレンジを一過性のものにしたくないという意志を表明する。今後の視聴者の反響が良ければクラウドファンディング資金を集めて支援したいとして、意欲的なクリエイターを積極的にバックアップしていく姿勢を示した。またHAL以外のパートナーとの提携についても前向きに検討していきたいと語った。

■ひかりTVの「4K放送」が30日からスタート

 続いて板東氏が言及した、今後の4Kコンテンツへの取り組みが今日の説明会の本題だ。板東氏は壇上で30日から新しい取り組みである「4K-IP放送」をスタートさせると宣言した。これでひかりTVのプラットフォームにはインターネットを活用したVODとIP放送の二つが揃うことになる。

 IP放送のチャンネルを2局が立ち上がる。ひとつは総合編成の「Ch104」。11月24日から試験放送がはじまり、30日から本放送を予定する。放送時間帯は10時から26時。

 もう一つの局は12月19日に立ち上がる「モデルプレスTV by ひかりTV 4K」と銘打つ、エンタメ報道とライフスタイルニュースを専門とした「Ch105」だ。こちらも放送時間帯は10時から26時となり、試験放送が12月11日から始まる。板東氏は「4K放送と4K VODの商用サービスを全国で提供する事業者になれる」と胸を張る。

 総合放送のコンテンツについては、ドラマやドキュメンタリー、エンタメなどの多彩なジャンル構成を特徴にうたう。スポーツやお笑い番組にも注目のタイトルが並ぶ予定であり、特にお笑いの吉本興業とのコラボレーションによる番組「ルミネtheよしもと」は、12月12日から毎週土曜・日曜に「生中継」されることも決まった。さらに来年春からはニュース系番組の生中継も予定する。