写真提供:マイナビニュース

写真拡大

働く女性の中には、生理中に仕事をするのがつらい人もいることだろう。月経量が多いときや生理痛が重いときは、少し動くだけでも大変なはずだ。また、生理前から生理中にかけては、女性ホルモンの影響で感情の起伏が激しくなる場合もある。

そこで今回は、マイナビニュースの女性会員300名に「生理中に職場の男性にイライラした経験」について聞いてみたので、回答を紹介しよう。

Q. 生理中、職場の男性にイライラしたことはありますか?

はい 17.7%
いいえ 82.3%

Q. 職場の男性にイライラしたエピソードを教えてください(「イライラしたことがある」と回答した人対象)

■それ、私の仕事ですか?
・「急に仕事を振られていつもよりイラッとした態度をしてしまった」(37歳女性/ソフトウェア/技術職)
・「何でも仕事を押し付けてくる」(36歳女性/小売店/販売職・サービス系)
・「なるべく自席でおとなしくしていたいのに、そういう時に限ってあちこち動かせる仕事を頼んでくるから」(28歳女性/機械・精密機器/技術職)
・「こんなに苦しくてふらふらしてるのに重い荷物を運ぶなどの重労働を頼まれて『私ですか? 』と聞き返してしまった」(26歳女性/医薬品・化粧品/技術職)
・「体調が悪いのに『これもできる? 』と言われてイライラした」(26歳女性/金属・鉄鋼・化学/営業職)

■上司にイライラ
・「人がしんどいのに雑用ばかり頼んでくる上司にイライラする」(22歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「おなかが痛いのに上司に雑用を頼まれてイライラした」(32歳女性/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「上司にいつも通り雑務を頼まれたから、普段ならイライラしないが『なんでいつも私なんだよ! 』と目で少しだけ訴えてしまった」(29歳女性/自動車関連/秘書・アシスタント職)
・「上司から長文メールがきていたので『用件はなんですか』と返してしまった」(25歳女性/情報・IT/技術職)

■あらゆる人にイライラ
・「イライラして、トロトロしている別の部署のおじさんに切れました」(29歳女性/食品・飲料/事務系専門職)
・「パソコンの前でぼんやりしているのをみて、イラッとした」(32歳女性/その他/事務系専門職)
・「会社で他人のちょっとした言動を見ているだけで(イライラする内容でないのに)イライラする」(41歳女性/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「自分よりに先に帰っていく姿にイライラします」(29歳女性/生保・損保/販売職・サービス系)
・「やることなすこと見ててイライラする」(27歳女性/情報・IT/事務系専門職)
・「細かいことにとにかくいらつく。おおらかに許せない」(39歳女性/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

■もともと嫌いな相手にはイライラMAX
・「嫌いな相手との仕事がやりにくくなる。過去に言われた嫌みや、半年前のむちゃぶり仕事など過去の恨みばかり考えてしまってイライラする」(30歳女性/情報・IT/クリエイティブ職)
・「生理中でなくても、その人にイライラしている」(27歳女性/医療・福祉/事務系専門職)
・「常にイライラさせられてるから何とも言い難い」(35歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)

■「元気ないね」は危険ワード
・「やたらとハイテンションで、『元気ないね〜飲みに行こうか〜』と言われ、むしろ休ませてほしいと思った。生理痛の薬を飲んでいるからお酒を飲めないのに、『飲んでないのか? だめじゃん! 飲め飲め』と言われた」(29歳女性/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「早く帰りたいのに飲み会に誘ってくる」(25歳女性/情報・IT/クリエイティブ職)
・「お腹が痛いのに『元気ないな』といわれ、理由も言えないからイラッとした」(30歳女性/アパレル・繊維/事務系専門職)

■生理中は何かと敏感
・「においに敏感になるようで、くさいとイライラする」(38歳女性/情報・IT/事務系専門職)
・「口臭とか体臭が鼻についてイライラする」(34歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「電話の声が大きい。ついイライラして、わざとらしく大きなため息をついた」(29歳女性/建設・土木/技術職)
・「隣の席の人が貧乏ゆすりをしていて、気になった」(28歳女性/学校・教育関連/専門職)

■総評

生理中に職場の男性にイライラしたことがあるかを聞いたところ、イライラしたことのない女性が82.3%と圧倒的に多い結果となった。肉体的なつらさを抱えつつも、多くの女性はイライラせずに仕事をしていることがわかった。

それに対し、職場の男性にイライラしたことのある女性は17.7%。そのエピソードを聞いたところ、生理中は「普段なら許せること」にいら立っていることが判明した。中でも多かったのが業務に関する不満。いつもは文句を言わずこなしている通常業務でも、生理で体調が悪い状況では「押し付けられた」と感じ、イライラしてしまうようだ。

気になる怒りの矛先だが、それほど絡みのない人から直属の上司までと幅広い。「雑用を頼まれる」「パソコンの前でぼんやりしているのを見て」など、ささいなことでも生理中の女性には気に障ることがわかった。また、もともと嫌いな相手はよりマイナスに映るようで、「過去の恨みばかり考えてしまってイライラする」という意見も寄せられた。

一方の男性にとって、女性の生理中の変化やつらさは想像しづらいもの。その結果、生理中の女性を"元気がない"と捉えて飲みに誘ってしまい、イライラさせているケースもあるようだ。職場で生理中であることをオープンにするのは難しいが、それでも「察してほしい」という女性の心境がうかがえる。

なお、声の大きさやにおい、貧乏ゆすりが気になるという回答からもわかるとおり、生理中の女性は敏感になっている。男性は、生理中の一部の女性には何がイライラの引き金になってもおかしくないことを覚えておくとよいだろう。また、生理中にイライラしてしまう女性は、おいしいものを食べたり、オシャレをしたりと、少しでも気分が上がることを試してみてはいかがだろうか。

写真と本文は関係ありません

調査時期: 2015年8月25日〜8月29日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 女性300名
調査方法: インターネットログイン式アンケート