小さなハウスダストを見逃さない「目」を持つふとん掃除機

写真拡大

パナソニックは、ふとん掃除機「MC-DF500G」を2015年11月20日に発売する。価格はオープン。

往復走行しやすい軽い操作性で負担を軽減

同社によれば業界初という、ゴミ捨て時にホコリやハウスダストの舞上がりを抑える「紙パック式」を採用。約20マイクロメートル(1マイクロメートルは0.001ミリメートル)の目に見えないサイズのハウスダストまで検知して赤と青のランプで知らせる、独自の「ハウスダスト発見センサー」を搭載。Y字形状の「ビートブラシ」が高速振動し、微細なハウスダストをかき上げながら吸い上げ、アレル物質を含むハウスダストを99%以上除去できる。

1回平均14分かかるというふとん掃除の負担軽減のため、裏面前側に搭載したモーター式「スムースパワーノズル」で走行をサポートするほか、後ろ側に先端が鋭角な「スムースエッジ」形状の採用で後ろに引く際の抵抗を小さくするなど、往復走行のしやすい軽い操作性を実現。薄いシーツの上でもふとんを押さえて均一に吸い込む6個の「スムースプレス」、ふとんを軽く叩きながら吸い付きを押さえて動かしやすくする「スムース回転ローラー」などの機能を備える。

カラーはシルバー、ピンクシャンパンの2色。