「UShareSoft」サイト

写真拡大 (全2枚)

 富士通は17日、フランスのソフトウェア開発会社であるUShareSoft, SAS.の全株式を取得することで、UShareSoft社と合意したことを公表した。10月30日付で契約を締結済みとのこと。

 UShareSoft社は、2008年創業。仏グルノーブルに本社を置き、欧州・日本・アジア・米国において、マルチクラウド環境におけるアプリケーション構築自動化ソフト、システム構築支援ソフトを提供している。

 今後富士通は、自社のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」に、UShareSoft社の主要ソフトウェア「UForge」を組み込む。「UForge」は、UShareSoft社の提供する、マルチクラウド環境におけるシステム構築・移行作業を効率化する自動化ソフトウェアだ。

 あわせて、UShareSoft社を、欧州におけるクラウドサービスの研究開発拠点と位置付け、クラウドビジネスの強化とグローバル展開の加速化を進める方針。