気象などの特別警報を受信した際の各キャリアの表示例(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全4枚)

 NTTドコモ、KDDI・沖縄セルラー(au)、ソフトバンクの携帯電話キャリア3社は、これまで携帯電話向けに配信されている気象庁が発表する「緊急地震速報」と「津波警報」の緊急速報メールに加えて、「気象等に関する特別警報」と「噴火に関する特別警報」を19日よりサービス開始することを発表した。

 これにより、気象庁が発表するすべての特別警報が、緊急速報メールで配信されることになる。「気象等に関する特別警報」は、数十年に一度レベルの大雨、暴風、大雪などの大規模災害、「噴火に関する特別警報」は居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生又は予想される場合に発表される。

 対象となるのは、NTTドコモ、KDDI・沖縄セルラー(au)、ソフトバンク各社の携帯電話を持つユーザーとなり、19日から無料でサービスが展開される。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI