ライムのはずだけど…

写真拡大

日本コカ・コーラは2015年11月2日、「コカ・コーラ ライム」を発売した。

国内初登場となるライムフレーバーのコカ・コーラだが、飲んでみた人からは「どこがライム?」の声が続出。さらにはおよそ飲み物とは思えないような感想も...。

ちゃんとライムフレーバーを感じた人も

ツイッターを見てみると、

「もっとライム強くても良いのになぁ 弱いさ?」
「ライム感ゼロというのはいかがなものか」
「こんなもんでライム名乗れるならこの世の炭酸飲料はすべてライム味だ」

などなど、売りであるはずの「ライムフレーバー」に対して厳しい声が続出。

「ライムフレーバーが若干芳香剤な感じ」
「コカコーラライムは消臭剤の味でした」

と、もはや飲み物の味ではない、との評価も。

一方で、しっかりライムの風味を感じられた人もいるようだ。

「コカコーラライムが絶妙なライム感。コーラもモスコミュールも好きな人は好きかも」
「ライムがイイ具合に調合されていて意外と飲みやすい」
「安い居酒屋で飲むジン・ライムみたいなライム感ある」

また、「後味がさっぱり」という点で評価する声もあった。自分はどう感じるか、気になる人は試してみては。

希望小売価格は140円(税抜)。