ベッドインが35回も!ジャニーズWEST・小瀧のラブシーンを見たヲタの反応4タイプ
<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

 好きな人が、他の人とキスしてるのを見たことがありますか?

 キスでなくても、抱き合ってたとか手をつないでたとか、彼が自分以外の人とねんごろにしている姿というのは、できれば見ずに一生を終えたいものです。ジャニヲタが、好きなジャニーズを思う気持ちも同じ。

「○○くんのアクションシーン大好き! もっと見たい!」というヲタは多くとも、「ラブシーン大好き! もっと見たい!」というヲタは、だいぶ少数派かと思われます。それも、30過ぎの大人ジャニならまだしも、まだ10代の若手ジャニのラブシーンとなると、なおさら心は乱れます。

◆35回もあるベッドシーン

 先日、東京グローブ座でジャニーズWEST・小瀧望さん主演舞台「MORSE-モールス」が幕を開けました。本作には、繊細な少年オスカー(小瀧さん)が、母親(高橋由美子さん)と添い寝したり、隣家に越してきた少女・エリ(水上京香さん)とベッドインするシーンがあるのです。

 小瀧さんは現在19歳。やんちゃながら、ふと大人の男っぽさもチラ見せする絶妙なお年頃になりました。

 舞台の会見では「(全35公演なので)35回も一緒に寝る! すごい幸せですよね」と、順当なコメントを発したという彼ですが、ヲタには「35」という数字が重くのしかかります。35回も小瀧さんと寝れる女性がいるのか……!

 好きなジャニーズのラブシーンに対峙するとき、ヲタにはいくつかのパターンがあります。愛し方や人目のあるなしによりますが、主なタイプを見てみましょう。

◆あえて平常心タイプ

 ラブシーンだろうがケンカシーンだろうが、淡々と見守ってみせるタイプ。終演まで真顔で通しますが、帰り道でなにげにキスシーンを思い出し、ため息をついたりしちゃいます。

◆いやなものは見ないタイプ

 くだんのシーンになると顔をそむけたり、おもむろにトイレに立ったりして“見ない”人もいます。見なければ、なかったのと同じこと。恋の防衛本能のなせるわざなのかもしれません。

◆ガン見で意思表示タイプ

 まるで彼氏の浮気現場を押さえるように、ギリギリと見つめる人も多数。相手役の態度にちょっとでも“演技を超えた何か”が見えた場合、女優さんに憎悪の炎を燃やします。

◆はしゃいで切り抜けるタイプ

「○○くん、がんばってたよね? あの肩の抱きかた見た!?」とか、率先してラブシーンを話題にしたり、つぶやいたりするタイプ。でも、ひとりになると「ヤダ〜」と泣いていたりして……。

「好きなジャニのラブシーンをどう切り抜けるか」は、おそらく、臨みかたによるのです。

「オスカーを演じる小瀧くん」として見るとつらいけど、「小瀧くんの演じるオスカー」として見れば、「あれは“オスカー”のやってることだから」と、比較的落ち着いていられるような気がします。

……な〜んて言ってみても、やっぱり好きなジャニのラブシーンには思うところがありますよね。これから寒さも強くなりますが、舞台・映画・テレビでジャニのラブシーンに出会っても、嫉妬の炎を燃やしすぎないようにしたいところです。

【MORSE-モールス-】
小瀧望さん(ジャニーズWEST)主演。〜12月6日(日)、東京グローブ座にて上演中。12月9日(水)〜12月13日(日)、大阪・シアターBRAVA!にて上演。
連続猟奇殺人に震撼する冬の町。少年・オスカー(小瀧さん)の運命は、不思議な少女エリとの出会いで不穏に動きはじめるが……!?http://www.tglobe.net/lineup/morse.html

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>

【みきーる】
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)他。Twitterアカウント:@mikiru。公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』