画像
 11月16日、ソフトバンクと健康コーポレーション、RIZAPは、IT・通信およびヘルスケア領域での協業体制を構築することで合意した。

 ソフトバンクと健康コーポレーション、RIZAPは、IT・通信およびヘルスケア領域を中心とする分野において、新たなビジネスモデルを創造する協業体制を構築することで合意した。今後、3社それぞれが展開する事業を活用した「ヘルスケア・プラットフォーム」を開発し、さまざまなヘルスケアサービスを提供していく。なお、具体的にサービスの開始が予定されている分野は次の3つ。

遠隔でも受けられるRIZAPのサービス
ヘルスケア関連デバイスの共同開発と活用
ヘルスケアビッグデータの解析・活用

MarkeZine編集部[著]