焼きたてよりおいしい? バルミューダが提案する「リベイク」という新習慣

写真拡大

今年5月の発売当初から、「BALMUDA The Toaster」は食パンやフランスパンをおいしく焼くことができるトースターというイメージだった。だが、その用途はトーストに限らず、ベーカリーで買うさまざまなパンを、まるで焼きたてのような状態に温められることがわかった。

「焼きたてよりおいしい? バルミューダが提案する「リベイク」という新習慣」の写真・リンク付きの記事はこちら

GreenFan」で扇風機に革命を起こし、その後も空気清浄機ヒーターなど革新的な商品を発表してきたバルミューダが今年5月に発売したのは、トースター「BALMUDA The Toaster」だった。スチームと精密な温度制御により、パンを最高の状態に焼きあげるのが特徴だ。

このトースターでバルミューダが新たに提案するのが「リベイク」というパンの楽しみ方だ。パンといえばやはり焼きたてがいちばん。お気に入りのベーカリーで買ったパンを店を出てすぐかじるというのは、パン好きにとって最高の瞬間だ。しかし、家に持ち帰ってからも同じようにおいしいパンを食べたい、そんな願いを叶えてくれるのだ。

11月12日、都内の4つの人気ベーカリーのパンを、「BALMUDA The Toaster」でリベイクして試食してみるという会「リベイク・ナイト」が行われた。バルミューダの代表、寺尾玄は最初の挨拶で、この試食会を開催することになった背景を語った。

「世界一のトーストを毎日食べたいというわたしのわがままから開発が始まったこのトースターですが、発売後、温めなおすとやたらおいしいという発見がありました。それから実験を繰り返してみたところ、『これは明らかにおいしい』とまで言えるようになったので、今回のイヴェントを企画したのです」

参加したベーカリーは、カタネベーカリー、パーラー江古田、シニフィアン・シニフィエ365日(試食順)で、各店から3種類、合計12種類のパンが供された。いずれもパン通にはお馴染みの名店だ。最初に登場したカタネベーカリーは代々木上原に店を構える小さなベーカリー。提供されたのは十勝小麦アンパン、クリームパン、クロワッサングリエール。

リベイクの時間はパンによって変えていたが、約4〜6分ほどに設定されていた。

寺尾が「リベイクすると、焼きたてより皮が少し厚くなり、サックリ感が出る」と言う通り、どのパンも表面がパリッとしている。特にクリームパンはそのままでも絶品だが、リベイクしたものを食べると、中のクリームが少し温まり香りが立ってさらにおいしく感じられた。クロワッサンもトースターで温めなおすのが非常に難しいパンだが、バルミューダでリベイクすると、外側はバリっと内側はしっとりとなって焼きたてに近い味だと感じられた。

パーラー江古田から提供されたカンパーニュスタイルの「黒こしょうとカシューナッツ」は、切らずに丸い形のままリベイクしていた。寺尾はその理由について次のように語った。

「スチームを使うのは、パンに水分を補給するためではなく、表面に水の膜をつくることで早く温度が上がり、表面が焼き上がった状態を先につくることができ、パンがもっている水分を逃さずに焼きあげることができるからなのです」

確かに食べてみると、パンの中のしっとり感は、普通のトースターで焼く場合と明確に違うと感じられた。

シニフィアン・シニフィエは冷凍で販売しているパンを3種提供。バゲットポルチーニはリベイクすると、皮の歯ごたえが際立ち、割ると中からポルチーニの香りが立って、焼きたてよりおいしいかもしれないとさえ感じられた。

365日のクロックムッシュは、チーズトーストモードでリベイク。チーズに焼き色もついて、非常に食欲をそそる仕上がりに。中のクリームまでしっかり温まり、味ももちろん素晴らしかった。

22,900円という価格は未だに高く感じるけれど、このリベイクという提案は、パンの新しい楽しみ方であることは間違いない。

温度調整機能によって、パンやチーズに焼き色をつけるメイラード反応もコントロールできるという。

関連記事“未来”の家電ができるまで:バルミューダの暖房器具「SmartHeater」

TAG

BalmudaFoodGadget