ポジション争いをポジティブに捉える槙野「自分の席は自分で守る」

写真拡大

 12日のシンガポール戦(3-0)で出番のなかったDF槙野智章(浦和)にとって、17日のW杯アジア2次予選・カンボジア戦は、攻守ともに高いレベルのプレーを見せ、巻き返しを図るべき試合となる。

 カンボジア戦を翌日に控えた公式練習後、槙野は「競争のところは監督が毎回言っていること。自分の席は自分で守らないといけない」と言葉に力を込めた。

 とはいえ、単に危機感を抱いているだけにとどまらないところがポジティブ男・槙野の良さだ。

「チーム内に競争意識が芽生えることでチーム力も上がっていく。これからも新たなライバルや下からの突き上げもあると思う。全員で切磋琢磨して日本代表や日本サッカーのレベルを上げていきたい」

 おそらくほぼ全員で引いて守ることが予想されるカンボジアに対しては、センターバックでありながら攻撃参加を得意とする槙野の本領が発揮される試合になるだろう。「与えられた時間の中で監督の求めるものと自分の良さを出していかないといけない」という言葉の向こうには、セットプレーも含めて「自分の良さであるゴール数を増やしていかないと」という思惑がある。

 ハリルホジッチ監督に初めて招集されたときから「ピッチで違いを見せろ。日本代表だとひと目で分かるプレーを見せろ」と言われてきた槙野。高校生以来という人工芝でのプレーは決して容易いものではないが、体格差は日本が優位。今回は指揮官の言葉にしっかり応えるべき一戦となる。もちろん、ゴールも仕事の一つだ。

(取材・文 矢内由美子)


●ロシアW杯アジア2次予選特集