清武、靴擦れ継続中も「全然大丈夫」と笑顔

写真拡大

 明るかった。12日のシンガポール戦(3-0)で右かかとに靴擦れを起こし、翌13日の練習を回避したMF清武弘嗣(ハノーファー)が、17日のカンボジア戦に向けて取材陣に対応。「靴擦れ? してますよ。でも全然大丈夫です。全然ですよ」と明るい口調で、プレーに問題のないことを強調した。

 シンガポール戦ではトップ下で先発し、相手の守備ブロックの間に入ってボールを受ける小気味良い動きからチャンスを量産。MF香川真司とはタイプの違うトップ下として存在感をアピールした。

 ところが翌日のトレーニングは不参加。その理由が靴擦れということで状態が心配されたが、カンボジア戦前日のこの日はミニゲームで1得点を決めるなど、影響を感じさせないプレーを見せた。

 清武によれば、「シンガポール戦は下が硬かったから、結構な(人数の)選手が靴擦れしていた。汗をたくさんかいたのも理由? そうかもしれない」とのことだ。取材エリアでも右のかかとには巨大な絆創膏が貼られていたが、練習ぶりから見ても問題はなさそうだ。

 シンガポール戦では内容の良かった前半と比べ、後半は停滞したという反省がある。「監督が今日言っていたのは、前半できたことは後半も継続してやらないといけないということ。そこを課題にやっていきたい」と意気込む。

「カンボジア戦は今年ラストの試合なのでみんな気合が入っている。監督も言っていたけど、良い形、良い内容で今年を締めくくって来年につなげたい」。ハノーファーの10番をつける男が、日本代表のピッチでもさらなる向上を目指す。

(取材・文 矢内由美子)


●ロシアW杯アジア2次予選特集