2週間離脱報道のクバが2カ月の離脱へ

写真拡大

▽フィオレンティーナに所属するポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキが、左足太ももに重度2のケガを負って2カ月離脱することになった。『フットボール・イタリア』が16日に報じている。

▽ブワシュチコフスキは、13日に行われたアイスランド代表との国際親善試合に先発出場したが、試合開始10分過ぎに左足の太ももを痛め、負傷交代を強いられていた。

▽初診では10〜15日間の離脱で済むと報じられていたが、フィオレンティーナに戻って行われた精密検査の結果、復帰までに2カ月を要する重症であることがわかった。この結果、ブワシュチコフスキの年内の復帰は絶望となった。

▽今夏にドルトムントからのレンタルでフィオレンティーナに加入したブワシュチコフスキは、ここまでの公式戦10試合に出場して1ゴールを記録。セリエA首位を走るチームの中盤を攻守に支えていた。