日本代表選手たち、カンボジアの少年少女と戯れほのぼのする

写真拡大

17日(火)、2018年ワールドカップアジア2次予選のカンボジア戦を控える日本代表。

シンガポール戦翌日の13日に(木)プノンペンへと到着し、14日から現地でトレーニングを再開させているという。

そんな日本代表の様子を、日本サッカー協会のYoutubeアカウントが紹介してくれているのだが、その冒頭にほのぼのするようなシーンが収められていた。

スタジアムに到着し待ち受けていたのは、現地の日本人学校に通っている子供たちだ。

JFAによれば、約70人の小学生が練習前に選手たちと触れ合う機会を得たのだそう。選手たちと記念撮影を行い、記念に選手のサイン入りペナントを受け取ったのだという。

小学生ということで、かなり小さな印象の少年少女たち。そうした子供たちに選手たちも興味津々だったのか、かなり朗らかな表情を見せてくれた。

西川周作

少女と何かを話す西川周作。

酒井宏樹も後方からにこやかに眺めている。

香川真司

レアル・マドリーのユニフォームを着た少年に何かを囁く香川真司。

ユニフォームを軽く引っ張っており、「好きなん?」とでも話しかけているのだろうか。

なんだか香川の方が少年に興味がある感じだ。

本田圭佑

いつもクールな本田圭佑も、少女の前ではこの表情!

「あそこを見て笑わなあかんねんで」とレクチャー中?

集合写真

集合写真はこんな感じ。大家族か!そしてみんな良い表情です。

日本サッカー協会はこのような招待プログラムを遠征先で毎回行っており、先日のシンガポールでも現地の日本人学校に通うキッズたちを招待していた。

今はまだ実感が湧かないかもしれないが、周りのお友達に自慢できる日が来るに違いない。