「らくらく服薬ゼリー」サンプリングキャンペーンサイトの画像

写真拡大

製薬会社の龍角散(東京都千代田区)は、2015年11月16日から薬の服用補助飲料「らくらく服薬ゼリー」サンプリングキャンペーン第1弾を開始した。

薬の服用時に水と一緒に飲むのは常識だが、錠剤やカプセルがのどにつかえたり、粉末でむせてしまったり、水を過剰に飲んでしまった経験はないだろうか。らくらく服薬ゼリーは、のどの筋肉が弱った高齢者や薬を嫌がる幼児にうってつけの飲料で、容器にゼリー状のオブラートを入れ、薬を混ぜ合わせることによって、"つるん"と飲める。

スティックタイプは容器不要で、封を切ってゼリーをそのまま口に含み、薬と一緒に飲み込むことができる。ローカロリー・ノンシュガー・ノーアレルゲンだが、飲みやすくするためレモン味などが付いている。

スマホで専用サイトにアクセス、無料サンプルをゲット

今回のキャンペーンは、"水よりもスマートに服薬できる"商品の魅力が、現役のスマホ世代に伝わる内容になっている。

まずはスマホで専用サイトにアクセスして画面をタップする。次にスマホをペットボトルに見立てて傾け、飲む動きをしてみる。すると――らくらく服薬ゼリーを用いることで、水よりもスムーズに、しかも早く薬を服用できることが一目で分かる動画が表示される。

特設サイトはパソコン版もあり、同じ映像を再生できる。

コンテンツを見た後で簡単なアンケートに答えると、先着1500人にスティックタイプ3本セットのサンプル品が無料で提供される。

キャンペーン第2弾は16年2月1日にも実施される。無料サンプリングの対象は第1弾と同じ先着1500人。

なお、スティックタイプ6本セットは全国の薬局やドラッグストアで購入できる。希望小売価格が350円(税抜)。