「RIZAP」サイト

写真拡大 (全3枚)

 ソフトバンク、健康コーポレーション、RIZAPの3社は16日、ヘルスケアとICT領域における新サービスを共同開発することで合意したことを発表した。IT・通信技術を活用し遠隔でもRIZAPのサービスを受けられるようにするなど、新ビジネスを展開する。

 RIZAPが運動指導・栄養指導などのノウハウ、健康CPがマーケティング、ソフトバンクがIT・通信技術をそれぞれ提供し、新しい「ヘルスケア・プラットフォーム」を開発。これをベースにさまざまなヘルスケアサービスを提供していくという。

 具体的には、ソフトバンクのIT・通信技術を用いた企業向け情報プラットフォームサービスを使い、遠隔地でもRIZAPのサービスを気軽に受けられる「ヘルスケア領域におけるオムニチャンネルサービス」を共同で開発する。提供は来春より。

 さらに、スマートフォンやウェアラブルなどを用いたヘルスケア関連デバイスを、ソフトバンクとRIZAPで共同開発。ヘルスケアビッグデータの解析・活用も進める計画だ。