写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Quadceptは11月16日、回路設計、基板設計、3Dの機能を備えたクラウド型電子CADツール「Quadcept Community版」の提供を開始したと発表した。

同ツールは、サブスクリプションライセンス方式を採用したクラウドベースの電子回路設計・プリント基板設計のソフトウェアである「Quadcept」の無料版となっている。

同社はこれまで、プロフェッショナル向けのツールとして大企業から中小企業、大学の研究室利用をメインターゲットにQuadceptを展開してきたが、IoT市場および一般の学生や趣味で電子工作をする個人に向けたものづくり応援プロジェクトの一環として今回、同ツールをリリースした。

日本語以外に英語と中国語にも対応しており、電子工作やものづくりに興味のある学生や個人の非商用目的であれば、無償で利用することができる。