写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県・津田沼の津田沼パルコは、カプセルトイ「コップのフチ子」の原画や資料、グッズなどを展示・販売する「コップのフチ子展」を開催する。会期は11月21日〜11月29日。開場時間は10:00〜21:00。入場無料。

同展は、カプセルトイ「コップのフチ子」が2012年に発売されてからの約3年間を一挙にまとめたもの。「コップのフチ子」は、マンガ家や映像作家などとして活躍中のタナカカツキ氏と奇譚クラブが共同開発した、コップの"フチ"で遊べる人気カプセルトイで、シリーズ累計1000万個を超えるヒットとなっている。同展はこれまで名古屋、渋谷、浦和、札幌、静岡で開催されており、千葉県での開催は初となる。

内容は、原案者であるタナカカツキ氏による原画を展示する「原画のフチ子」をはじめ、2012年7月に初登場してからこれまで登場した総勢800体以上のフチ子が一同に集結する「歴代のフチ子」、総数600体以上のフチ子さんがシャンパンタワーのフチに舞い降りる「シャンパンタワーのフチ子」、フチ子の貴重な設定資料を公開する「設定資料のフチ子」が展示される。また、大きなコップの中に入ってフチ子と一緒に写真が撮れる「フォトスポットのフチ子」が設置されるということだ。

また、約100種のフチ子関連グッズをはじめ、会場限定グッズ(クリアファイル、アンブレラボトル、ドルマンTシャル、ドルマンTシャルワンピース、豆皿)や、奇譚クラブオフィシャルショップだけの限定ガチャガチャ「コップのフチ子3 グレープ」、「コップのフチ子 ナース」、フチ子展だけの限定ガチャガチャ「コップのフチ子 レインボー」も販売される。

(シマダマヨ)