クラウド・コミュニケーション・プラットフォームを提供する米Nexmoと、エンゲージメントマーケティングソフトウェアと関連ソリューションのプロバイダーである米Marketoは、チャット・アプリケーションを介して消費者とブランドを繋げるために提携したと発表した。

Marketoの顧客は、LINE、Viber、WeChatといったチャット・アプリケーションを介したマーケティング・キャンペーンを実施できるようになるという。

今回の提携により、Marketo製品群に好きなチャット・アプリケーションにシームレスに接続できるNexmoのChat App API機能が新たに加わる。これにより、Marketoのプラットフォーム上で直接処理できることから、販促キャンペーンをこれまでよりも容易に管理できるようになるという。

Marketoのビジネス開発部門ディレクタのマイク・ストッカー(Mike Stocker)は、「当 社は、マーケターの皆様がどこからでも顧客にエンゲージできる完全なプラットフォー ムを提供しており、今回、このエンゲージメント機能をチャット・アプリケーションの 大規模なユーザーにまで拡張できることを大変嬉しく思っております。当社のLaunchPoint(R)パートナー・エコシステムの統合パートナーとしてNexmoを迎えられるこ とを大変楽しみにしております」と述べている。