ハンガリー指揮官「我々は本大会出場に値するチーム」《ユーロ2016予選プレーオフ》

写真拡大

▽15日にブダペストのグルパマ・アレーナで行われたユーロ2016予選プレーオフ2ndレグのハンガリー代表vsノルウェー代表は、ホームのハンガリーが2-1で勝利した。この結果、2戦合計スコアを3-1としたハンガリーの11大会ぶり3度目となるユーロ本選出場が決定。 試合後、ハンガリー代表を率いるベルンド・シュトルク監督が選手たちを称え、喜びのコメントを残した。UEFA公式サイトが伝えている。

▽シュトルク監督は、「チームを称えたいと思う。これまで同様、本当に素晴らしいプレーを見せてくれた。木曜日(12日)の試合が全ての礎となったね」と述べ、敵地でハンガリーが先勝(1-0)したプレーオフの1stレグが重要な意味を持っていたことを強調。その一戦で代表デビューを飾り、決勝点を記録したMFラスロ・クラインハスラーや、その他の主力メンバーについても言及した。

「私はオスロで若干のリスクを冒した。あの試合でラスロ・クラインハスラーをデビューさせたが、彼であればこのレベルでも十分にプレーできると確信していたよ。我々のチームには、所属クラブで満足のいく出場機会を手にしていない選手も多い。しかし、私は彼らを信頼している。彼らは何も恐れず、自身を持ってプレーしてくれた。彼らが今夜の試合で示したインテンシティは素晴らしかったね」

▽また、1972年のベルギー大会以来、44年ぶりのユーロ本選出場を決めたことについては、「我々は本大会出場に値するチームだ」と主張。「今日の試合でもオスロでも、正しい戦い方ができたと思う。それが成功のカギになった」との見解を示した。