ヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任以来、「縦に速く」を求める指揮官の薬が効き過ぎたのか、このところの日本代表の攻撃はどこか単調で余裕が失われていた。

 しかし、この試合だけは少しばかり様子が違っていた。

 11月12日、W杯アジア2次予選のシンガポール戦。スコアだけを見れば3−0と、日本代表は3ゴールしか奪うことができなかったが、緩急をつけたリズムの変化、それによって生まれる攻撃の多彩さといった点において、過去の試合とは一線を画していた。

「緊張することなく、ナチュラルに今の代表に紛れ込めたかな。(試合前から)いいイメージを持っていたし、やれる自信のほうが大きかった」

 そう語り、自らの役割を少なからず果たせたことに胸を張るのは、MF柏木陽介だ。

 柏木にとっては、2012年2月のアイスランド戦以来となる日本代表での先発出場。当然、ハリルホジッチ政権下では初の先発出場だったが、柏木は普段どおり、いや、むしろ普段以上に落ち着いた様子で、生き生きと日本代表の攻撃を組み立てていた。柏木が語る。

「相手を寄せるパスと裏に出すパスとサイドに散らすパスっていうのは、自分の中でうまく選んでプレーできたかなっていうのはあるし、ちょっとバタバタしたときには落ち着かせることもできた。あとは(攻撃から守備へ)切り替えてボールを奪いに行くこともできていたし、球際も勝っていたんじゃないかなと思う」

 そして、こう続けた。

「久しぶりの代表で(ハリルホジッチ監督になって)初めてスタメンで出たにしては、自分の中では出来はよかったかな」

 今回のW杯2次予選では、日本よりもかなり力の落ちる相手との対戦が続いているため、基本的に日本がボールを保持する時間が長くなる。ところが、ボールこそ持っているものの、相手を揺さぶることなしに、いきなり縦パスや背後へのパスを狙おうとするものだから、容易に対処されてしまう。結果、なかなか相手守備網を破って得点を奪うことができなかった。

 そんな試合が続いていた日本代表にあって、柏木の加入によって生まれたのが、リズムの変化である。

「レッズだとオレが1ボランチみたいな感じで攻撃を組み立てるから、なかなか周りとの距離を縮められなかったりすることが多いけど、代表だと全体的に細かいパスが増えるから自分の特徴を出しやすいし、自分がリズムを作りやすくはなる」

 そう語る柏木のプレーの中でも秀逸だったのが、ショートパスの活用だ。柏木はこの試合、近くの選手とショートパスを何本か交換し、"撒き餌"をしてからDFラインの背後を狙う。そんな巧みな組み立てを再三見せた。

 最近の日本代表は、長らく攻撃の組み立て役を務めてきた遠藤保仁がいなくなったことで、攻撃の組み立てに苦しんでいた。だからこそ、ハリルホジッチ監督は「ビルドアップの部分で期待している」と柏木に求める役割を明確に口にする。

 柏木本人が遠藤のリズムを意識しているかどうかはともかく、柏木が生み出す独特の"間"には、遠藤に通じるものが感じられた。細かなショートパスの交換を撒き餌に使うあたりは、まさに遠藤が見せる"間の取り方"そのものだ。

「あれ(ショートパスの交換)がやっぱりサッカーでは大事やと思う。『あのパス、なんでなん?』って思う人もいるかもしれないけど、それが相手を引きつけるパスであり、それをする中で誰かが動き出したタイミングで次を狙うっていうのを考えてやっているから。それがもっと全体的にできれば、よりよい攻撃がもっと増えてくるんじゃないかなと思う」

 とはいえ、柏木自身、「相手が相手だったから、全然満足はしてない」と話しているように、このレベルの試合で出来がよかったからと言って、手放しにほめたたえてばかりもいられない。「もっと強くなった相手に対して自分がどれだけできるのか、もっと試していきたい」という柏木の言葉は、この試合を見た誰もが感じるところだろう。

 それでも、相手が弱ければ何もかもがうまくできるわけではない。単調になりがちな攻撃に打開策となりうる新たな変化が見られたことは、ポジティブな兆候だったと言っていい。柏木が言う。

「こういう試合でも自分の役割をしっかり果たせたところは自分でも評価しているし、監督がどう思っているかはわからないけれど、評価してもらえているところなんじゃないかなと思う。日々成長して、(監督から)『日本代表でお前が要るな』と言ってもらえる選手になれるように頑張りたい」

 奇しくも柏木が背番号7を背負ってピッチに立ったこの日、遠藤がいなくなって以来久しく失われていた攻撃の"間"を、日本代表は取り戻した。

浅田真樹●文 text by Asada Masaki