理想だと思う始業時刻ランキング

写真拡大

オックスフォード大学の調査によると、「午前10時前の就業を強制することは拷問に等しく、従業員の体調不良や疲労、あるいはストレスの原因になる」ということがわかり、大きな話題になりました。朝9時の始業では睡眠不足で健康に害を及ぼすというものですが、午前10時始業を巡っては、朝型の人と夜型の人で賛否両論となりそうなところ。そこで、理想の始業時刻について調査してみました。

■理想だと思う始業時刻ランキング
1位:9時
2位:10時
3位:8時
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位には《9時》が選ばれました。
多くの人が「《9時》〜17時」という就業時間に慣れているのかもしれません。また《8時》始業の会社に勤めている人が、《9時》始業に憧れを持っているケースもありそうです。通勤時間にもよりますが、《9時》始業であれば、7時に起きても間に合うでしょう。

2位には《10時》がランク・イン。
朝ゆっくり寝ていたい人にとっては、《10時》時始業が理想的といえるのかも。しかし、《10時》始業の場合、20時までの勤務とする会社が見受けられます。退社後に別の会社の友人と飲みに行くことなどを考えると、デメリットもありそうです。電車など、通勤ラッシュの時間は避けられそうですね。

3位には《8時》が入りました。
工場や工場を持つメーカーなどでは、出勤時間が早めです。朝早い始業の会社は終業時間も早いので、帰宅後の時間がゆっくりととれます。「朝活」が流行りましたが、朝早くから仕事をしたいと考えている人も多そうです。理想だと思う始業時刻ランキング
一般的な会社の始業時間が上位にランクする結果となりました。睡眠不足が問題であれば、始業時間よりも、長時間労働をしてしまう状況を改善するべきなのかもしれません。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,532票
調査期間:2015年9月17日〜2015年10月1日