世界のクリスマスケーキを旅するように味わおう!! パンケーキで人気のあのカフェで「ブッシュ・ド・ノエル」「シュトレン」などが楽しめる☆

写真拡大


日本のクリスマスケーキといえば、真っ赤ないちごと生クリームが定番ですが、世界には多彩なクリスマスケーキがあります。そんな世界のクリスマスケーキを旅するように味わってみませんか。

「カフェ&ブックス ビブリオテーク」では11月13日から、各国で親しまれている伝統的なクリスマスケーキを提供する「ワールドクリスマスケーキ」がスタート。フランス、ドイツ、アメリカなど、あのケーキが気軽に楽しめちゃいますよ♪

【フランスの「ブッシュ・ド・ノエル」】

まず女子のあこがれ! フランスからは、クリスマスの定番お菓子「ブッシュ・ド・ノエル」をショコラフレーバーで作った「ムース オ ショコラとフランボワーズのブッシュ・ド・ノエル」。濃厚なチョコムースとフランボワーズの酸味がベストマッチ! クリスマスらしいトッピングもGOODです。

【ドイツの「シュトレン」】

ドイツからは、伝統的なお菓子「シュトレン」フレーバーの「2種のメレンゲとベリーのシュトレンタルト」が登場。スパイスとドライフルーツをたっぷり使ったタルトに、サクサクの白いメレンゲをトッピング。新感覚のケーキができあがりました〜。

【オーストリアの「クグロフ」】

オーストリアからは、クリスマス菓子「クグロフ」をフォンダンショコラに仕上げた「キャラメルりんごのフォンダンショコラ クグロフ」。アツアツのクグロフからのトロ〜リチョコと、スイート&ビターなキャラメルりんごの組み合わせ、これはたまりませんっ。

【アメリカの「パンケーキ」】

アメリカからは、パンケーキをクリスマス風にアレンジした「チェリーとショコラムースのフォレノワール ノエルパンケーキ」。フォレノワールはフランス語で「黒い森」という意味で、森をイメージしたサンタさんが乗ったかわいいデコレーションにキュン!

このほか日本の「苺ショートケーキ」をキャンドル風に仕上げた「ストロベリーショートケーキ ”キャンドル”」、同店で人気のデザート、クロッシューをクリスマス風にアレンジした「ピスターシュクリームとフレッシュベリーのクリスマスクロッシュー」も。どのケーキも見ているだけでクリスマス気分が高まります♪

ご紹介した「ワールドクリスマスケーキ」は、ビブリオテーク全店舗(東京、大阪、福岡、熊本)で12月25日まで開催します。この時期だけのスペシャルなケーキの数々。クリスマスに向けてぜひ召し上がれ〜。

参照元:PR TIMES
執筆=シナモン (c)Pouch

画像をもっと見る