W杯予選5戦連続完封のタイ記録目指す西川「記録を超えたい」

写真拡大

 W杯予選5試合連続完封のタイ記録に挑む。9月3日のカンボジア戦(3-0)以降、5試合連続で日本代表のゴールを守っているGK西川周作(浦和)。10月13日の国際親善試合イラン戦(1-1)では1失点したが、格下相手が続くW杯アジア2次予選は4試合連続で無失点に抑えている。

 17日のカンボジア戦も失点ゼロに抑えれば、W杯予選5試合連続の無失点となり、93年の松永成立氏、97年のGK川口能活に並ぶ歴代最多記録となる。「そういう記録があるなら超えたいと思う」。GK川島永嗣が不在の間につかんだ正GKの座を不動のものとするためにも、無失点を続けることが最低限かつ最高のアピールになる。

 不慣れな人工芝での試合となるカンボジア戦に向け、「何が起きても想定内という準備をしたい」と意気込む西川は「明後日の試合をしっかり戦って、勝つことができれば、(来年3月に)またホームで、埼スタで2試合できる。今シーズン最後の代表活動だし、いい形で終わりたい」と、年内ラストゲームを完封勝利で締めくくるつもりだ。

(取材・文 西山紘平)


●ロシアW杯アジア2次予選特集