マイロハスより転載:たまには贅沢して幸せを満喫しようと思ったら、どんなことをしますか? 欲しかったブランドの洋服を買う? それとも海外旅行? どちらの選択にせよ、自分が欲しかった物を手に入れたり、楽しい経験をしたりすることは、とても幸せな気持ちにさせてくれます。

でも、物を買って得られる幸福感と、旅行などで感じる幸福感には、どうもその質に違いがあるようです。

「経験」は色あせることなく残る幸せ


アメリカ合衆国コーネル大学の心理学教授で、お金と幸せの関係についてのエキスパートであるトーマス・ギロヴィッチ氏の研究について、海外サイトの「Your Tango」で紹介がありました。それによると

いちばん長続きする幸せは、旅行やアウトドア、新しいスキルの習得、美術館を訪れる、などといった「経験」にある
(「Your Tango」より意訳引用)

そうです。逆に、物を買ったときの幸福感は長くは続かないといいます。

トーマス氏はその理由を、「人間の適応能力にある」と話しています。つまり、物は買ったときには満足感を得られ、幸せに感じるけれども、時間とともにその存在に慣れてしまい、最終的にはその物に対する幸福感も薄れるということです。

私が以前ニューヨークに滞在していたときの経験ですが、暮らしはじめた当初、日本よりもブランド品が安いため、買い物に夢中になった時期がありました。でも、そのうち買い物には興味がなくなり、アメリカ国内を旅して周るようになったのです。

当然貯金は底をつき、結局、買った物の大半は手放して帰ってきました。旅はドミトリー滞在の貧乏旅行でしたが、その経験は時間がたったいまでも、色あせることなく残っています。

そんな自分の経験と照らし合せてみても、「物」よりも「経験」を通じて得た幸せは、長続きするだけではなく、自分の人生の一部として残るのだなと感じます。

また、物はそのときの自分の趣向を反映しているので、自分の成長とともに不必要になることも多いですよね。一生モノの幸せを探すのであれば、物よりも経験を買うこと。それが、何よりも贅沢な選択なのではないでしょうか。


マイロハスの注目記事:
・日常を忘れ、いつかは訪れたい世界の都市3選
・親は子どものサポーター。知りたいあの人の子育て〜東儀秀樹さん
・しっとり肌に心も弾む、バスタイムに賢くうるおう時短ケア術


[Your Tango]

(メーテル徹子)
Photo by shutterstock.