フランスが「イスラム国」の事実上の「首都」ラッカを空爆

ざっくり言うと

  • フランス空軍が15日、「イスラム国」の事実上の「首都」ラッカを空爆した
  • 作戦には戦闘爆撃機10機を含む軍用機12機が参加し、20発の爆弾を投下
  • ISが犯行声明を出したパリの連続襲撃事件以降、初の空爆となった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング