イングランド戦で負傷交代のチアゴは数週間の離脱

写真拡大

▽バイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラは、ヒザの重傷を免れたようだ。

▽チアゴは、13日に行われた国際親善試合のイングランド戦に先発出場するも、27分に負傷交代。当初の検査結果では右ヒザ内側側副じん帯に腫れがあると見られており、バイエルンに戻って再度検査を行うことになっていた。

▽再検査の結果、チアゴは自身のツイッターを通じて、「幸いにも、僕は数週間の離脱となる。応援のメッセージをありがとう」とツイート。重傷を免れたことを明かしている。

▽チアゴは、これまで右ヒザのじん帯を断裂するなど4度にわたって同箇所の重傷により長期離脱を強いられていた。同選手は、代表ウィーク明けのブンデスリーガ第13節のシャルケ戦、チャンピオンズリーグ・グループF第5節のオリンピアコス戦、ブンデスリーガ第14節のヘルタ・ベルリン戦、同15節のボルシアMG戦を欠場すると見られている。