日本最大級のスペインフェス!代々木公園で「フィエスタ・デ・エスパーニャ2015」

写真拡大

情熱的なイメージのスペインは、旅行先として人気が高い国のひとつ。最近ではタパス料理の店も増えて、さらに身近になったと感じている女子も多いかも。そんなスペインの文化や食などが、まるごと体感できるフェスティバルをご紹介。

2015年11月28日(土)と29日(日)の2日間、代々木公園イベント広場で開催される「フィエスタ・デ・エスパーニャ 2015」は、毎年10万人以上が参加するという、日本最大級のスペインフェスティバル。

特設ステージでは、日本とスペインで活躍するフラメンコのトップアーティストによる華やかなダンスが行われるほか、ギターやマンドリンなどのスペシャルライブも予定されているとか。

フラメンコに興味がある女子には、29日(日)12時10分から「フラメンコを気軽に楽しもう 〜フラメンコ体験〜」(参加費500円、定員30名、要予約)がおすすめ。動きやすい服装で参加できるから、初心者でも気軽に、まずは独特のフラメンコのリズムに身を任せてみて。

また、会場には、約45店の物販・飲食ブースが出店し、本格的なスペイン料理や食材なども十分に堪能できる。物販では、アクセサリーや雑貨などのほかに「FCバルセロナ」のグッズもあるそうなので、サッカーファンの彼も楽しめるはず。

「都内トップクラスのスペインバルなどが集まり、各店自慢の味を提供します。パエリアのほか、アヒージョなどのタパス料理、イベリコ豚のメニューなどを味わってください」と、広報担当の井上さん。


もちろん、スペインワインも豊富に揃い、50種類以上が楽しめるとか。スペインワインや代表的なシェリーについて知りたいのなら、28日(土)13時20分から「シェリー&ラ・マンチャ ワインセミナー」(参加費1500円、定員50名、要予約)をチェックして。ワインやシェリー酒の魅力について学べるそう。

日本に100名しかいないシェリー酒のソムリエ「ベネンシアドール」と、フラメンコが競演するステージも見どころ。独特のひしゃくを使って、高い位置からシェリー酒を注ぐ姿は、まさに芸術的。


スペイン語に強くなりたいなら、2日間行われる「聞くスペイン語セミナーen代々木」(参加費1000円、定員1日50名、要予約)を。無料で参加できる「NHK スペイン語講座の仲間がやってくる」もあって、こちらは予約なしでOK。当日開催20分前から受付が始まるので、希望者は会場内の「文化テント」へ足を運んで。

ライブを楽しんだり、おいしいスペインを味わいつくしたり、セミナーで学んだり…代々木公園がスペイン一色になる2日間を、情熱的に満喫しよう。