Doctors Me(ドクターズミー)- 将来禿げるかどうか分かる!?AGA遺伝子検査とは?

写真拡大

AGA遺伝子検査という検査を聞かれたことはないでしょうか? 現在の薄毛や、将来薄毛になるかも、などと悩んでいらっしゃる方にとっては、男性ホルモンが関係する男性型脱毛症を予測でき得る検査かもしれません。
AGA遺伝子検査とはいったい何なのでしょうか? 今回はAGA遺伝子検査について医師に解説していただきました。

そもそもAGAって何?

男性型脱毛症は、英語のandorogenetic alopeciaの文字をとってAGAともいわれます。AGAは様々な遺伝子が関係していると考えられています。
AGAは男性ホルモンであるテストステロンが代謝されてできるDHT(ジヒドロテストステロン)が、毛根の毛乳頭細胞の中にあるアンドロゲン受容体に結びついてしまうことで、毛髪のたんぱく質をつくれなくなってしまうために薄毛になるといわれています。
このアンドロゲン受容体へのDHTの感受性が、遺伝子によって左右されているといわれているのです。具体的にはこのアンドロゲン受容体遺伝子の性質によります。
遺伝子には、シトシン、アデニン、グアニンといった塩基が繰り返してついているのですが、このGGC塩基の繰り返しが少ないほどAGAになりやすいといわれています。

AGA遺伝子検査とは?

これらは、AGA遺伝子検査によって調べることができるため、薄毛になりやすい可能性やその程度を予測できるといわれています。
また、AGAでは、フィナステリドという薬がよく効くことがあります。
この薬への感受性もAGA遺伝子検査によって調べることがでいるといわれています。

AGA遺伝子検査はどうやって行うの?

AGAを扱っているクリニックや病院で検査を行うか、自宅などで自分でおこなうキットを利用して検査を行うことができます。
口の中の頬の内側など、粘膜を綿棒状のものでこすることで細胞を摂取し、検査をおこないます。
結果はだいたい1ヶ月ほどででることが多いです。
費用はおよそ1万円から3万円ほどのことが多いようです。

【医師からのアドバイス】

検査をすることによって、AGAの発症のリスクや、現在の薄毛の原因がAGAによるものかなどを予測することができます。
また、薬に対する効果も予測することができるために、治療を行う判断の指標となります。
AGAに対する薬は、はやく使うことが薄毛の症状に対して効果的とされているので、早期治療のために、検査を行うことが有効だとされています。

(監修:Doctors Me 医師)