13日、韓国・聯合ニュースによると、韓国与党セヌリ党代表が、韓国の若者たちの間にまん延する自国に対する自虐感は現行教科書によるものとし、教科書国定化の必要性を訴えた。この報道に、韓国のネットユーザーからコメントが寄せられている。写真は韓国明洞。

写真拡大

2015年11月13日、韓国・聯合ニュースによると、韓国与党セヌリ党のキム・ムソン代表が、韓国の若者たちの間にまん延する自国に対する自虐感は現行教科書によるものとし、教科書国定化の必要性を訴えた。

【その他の写真】

キム代表は13日午後、江原道原州オークヒルズコンベンションホールで開かれた「2015セヌリ党青年委員会の発足式と辞令授与式」で、「韓国は朝鮮戦争が勃発した当時、1人当たりの国民所得が67ドルで、世界で最も貧しい国だったが、62年が過ぎた今、国民所得3万ドル突破を目前にした誇らしい国になった」と述べ、「韓国は世界がうらやむ素晴らしい国であるにもかかわらず、肝心の若者は(自国のことを)『ヘル朝鮮』と呼び、自虐的な雰囲気に陥っている。これは歪曲(わいきょく)された左寄りの教科書のせいだ」と主張した。

キム代表はまた、「米国も白人が先住民を殺りくし、黒人を奴隷として働かせた愚かな国という雰囲気があったが、米上院での投票により教科書を変えるなど、同様の過程を経ている」と指摘した。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「ヘル朝鮮と現行教科書には何の関係もない」
「この人は、完全に認識がずれている」
「若者が何を考えているか理解していない」

「若者が『ヘル朝鮮』と叫ぶのは教科書のせいではなく、あなたのような政治家のせいだ」
「われわれが『ヘル朝鮮』と呼ぶのは、自虐『感』ではなく、正しく『認識』しているから」
「『君たちは幸せだ』『幸せだと感じていればいい』『幸せだと思いなさい』。こういう考え方が、まさに『ヘル朝鮮』の元凶なのだ」

「まったく話にならない。ここまで感覚がずれていると政治不信になる。政治に無関心な若者をつくるのが目的なのかと思えてしまう」
「どんな神経でこんな言葉が言えるんだろう?学生街に行って見たことがあるのだろうか?大学卒業と同時に失業者になり、学資ローンの数千万ウォン(数百万円)の借金返済だけが待っている現状を…」(翻訳・編集/三田)