紀里谷和明監督(左)と伊原剛志(右)

写真拡大

『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督のハリウッド初進出作『ラスト・ナイツ』。この映画の初日舞台挨拶が11月14日にTOHOシネマズ 日本橋で行われ、紀里谷監督と唯一の日本人キャスト伊原剛志が登壇した。

『ラスト・ナイツ』紀里谷和明監督インタビュー

この日、舞台挨拶前に本作の物語のベースとなった忠臣蔵に縁の泉岳寺、功運寺でお参りをすませてきたという紀里谷監督は「公開を迎えて感無量です。今日みなさまにお届けできることを本当に感謝しております」と挨拶。伊原は「ようやくここ日本でみなさまに見ていただけて、とても幸せです」と笑顔を浮かべた。

本作の撮影地となったチェコでは、零下20度に及ぶ極寒の中で撮影。「寒さで機材が凍ってしまったり、役者さんの口が回らなくなったり」と紀里谷監督が当時を振り返ると、伊原は「セリフを言うのは大丈夫でしたが、とにかく鼻がもげるかと思うくらい寒かった(笑)。トレーラーにたまたまあったバナナを試しに外に置いてみたら、数時間後には本当に凍っていました(笑)」と裏話を明かした。

また、紀里谷監督は「前2作はCG色が強かったのですが、今回はなるべくセットもCGも使わないようにし、ロケにこだわりました。これだけの役者さんが世界から集まってくれたので、物語と芝居に注力して作りました」とコメント。

伊原のキャスティング理由については「プライベートでも親交がありますが、この役を演じるのに重要な“漢(おとこ)”を感じたからです」と明かすと、伊原は「ありがとうございます」とはにかみつつ、「台本には描かれていない、細かい役の生い立ちや境遇を考えながら演じていました」と語った。

本作の宣伝活動として、今日までに全国335媒体でのメディア取材を受け、さらに、自らが考案した“名刺型チラシ”を全国110ヵ所、計4万枚、自身の手で配った紀里谷監督は「よくみなさんに『監督がよくそこまでやりますね』と言われますが、映画は自分の子どもだと思っています。子どものためなら何でもするし、とにかく1人でも多くの方に映画を見ていただきたいという、その一点の思いだけでやっていました」と話していた。

[動画]映画『ラスト・ナイツ』紀里谷和明監督インタビュー1
[動画]映画『ラスト・ナイツ』紀里谷和明監督インタビュー2
注目! しくじり先生・紀里谷監督の“ハリウッド映画”は果たして何位に!?
『GOEMON』紀里谷監督、モーガン・フリーマンとクライヴ・オーウェン主演『ラスト・ナイツ』で初のハリウッド進出!