roomieより転載:このテーブルランプには、スイッチが見当たりません。

灯りのスイッチと聞くと、ボタンを押す、ヒモをひっぱるなどを思い浮かべますが、これは、本体上部を上に持ち上げると灯りがともるのです。

151115roomie_mediagene2.jpg


英語でいうとOPENという意味のスペイン語「ABRE」と名前がついたランプ。その名の通り、蓋を開けて点灯させて、蓋を閉じて消灯します。

木の部分を持ち上げると、木と陶器の間から優しく灯りがともり、ほっこりしそうです。その様子は、光が顔を出すといった表現がぴったりです。


151115roomie_mediagene3.jpg


点灯していなかったら何かわからないデザイン。お客さんが来たら、「つけてみて」なんて意地悪言いたくなりそうです。


roomieの注目記事:
・実家のお弁当の味、覚えてますか。
・部屋が狭い! そんな悩みを解決してくれるベッド
・ページがマグネットでくっついてる! ノート界に革命児、現る


ABRE [Carlos Jiménez Design]

(ホンマエミ)