多くの人に愛される「理想のカレーライス」に出逢うなら、世田谷!!

薫り立つピリッと刺激的な風味、深いコクと旨味が凝縮したトロッとまろやかなル―、そして口に広がるご飯のほのかな甘味…安心感と懐かしさに包まれる正に“美味しさ“の集合体。

世界も認める日本の国民食「カレーライス」が東京都人口率NO1を誇る世田谷に根付いているのは必然なのだ。



「ハンバーグステーキカレー」
これは反則!!誰しも少年少女に戻る誘惑カレーライス『ボテロ』

駒沢大学


最強お子様メニュー「ハンバーグ」と「カレーライス」が同時に楽しめる夢のような「ハンバーグステーキカレー」が大人気だ。

遠方からもその美味しさを求めてやってくる人は多い。

ご飯の上に迫力満点な真ん丸ハンバーグが鎮座!!圧倒的ビジュアル感にどんな大人もテンションUP間違いなし。

注文が入ってから成形する作りたて&焼き立てハンバーグはしっかりと旨味を封じ込め、噛むほどに肉汁が溢れだす。粗めの食感も肉々しい。単品でも大満足な極上ハンバーグだ。

こっくりしたとろみのあるルーは、ブイヨンをベースに、じっくり時間をかけて煮込む事で具材の旨味がすべて凝縮。

コクと甘味、後からかすかにやってくる豊潤なスパイスの薫りと、心地よい辛味が後を引く。濃厚且つまろやかな口当たりで、ハンバーグは勿論、肉汁が沁みたご飯との組み合わせも堪らない。

見た目同様、ワイルドに食べたいカレーライスだ。




「チャナ」
母から娘へ受け継がれる愛情たっぷりカレーライス『チャナ』

若林


ご飯もル―もたっぷり。「お腹いっぱい食べて貰いたい」という願いで作り続ける究極のおふくろ系カレーライス。

食べるべきおすすめは店名にもなっている「チャナ」。自信作だという辛口ポークカレーだ。

ご飯と別に提供されるカレーポットの中にはごろっと存在感抜群の大きな豚塊。とろっとろに煮込まれた豚肉はあっという間に口の中でとろけていく。

スパイスが際立つガツン系とは異なり、豚肉の旨味とコク、野菜の甘味と酸味、ほのかな辛味が見事に調和。辛口とあるが驚く程ではなく、どこか親しみを感じる優しいカレーライスだ。

柔らかな照明に木の温もり溢れる山小屋風の店内は、どこかほんわかムード。沢山置かれたマンガを読みながらカレーを待つ常連客も多い。

自宅のようにのんびりリラックス出来る空間も多くのファンを惹きつける魅力の1つなのだ。

食べ終わる頃にはお腹も心もなんだかほっこり温かい気持ちに包まれる。




「スペシャルビーフカレー」
カレーの種類は25種!!深夜2時まで楽しめる老舗洋食屋のカレーライス『ビストロ喜楽亭』

池尻大橋


人気メニューは「スペシャルビーフカレー」。じっくり煮込まれたほろっと崩れる塊肉がたっぷり入っている。

美味しさの秘訣は、牛肉をスパイスで3時間煮込んでからルーに合わせるこだわりと丁寧さ。深いコクと旨味の奥に広がる甘味、じんわりと押し寄せる爽やかな辛味が融合した繊細且つ上品なカレーライスだ。

野菜と牛骨を毎日10時間以上じっくり煮込み、一晩寝かせて熟成させるブイヨンと、15種類のスパイスからなるマイルドな味わいで、最後まで熱々で食べられる壺焼き欧風カレーの名店だ。

25年間以上守り続ける味とスタイルで、芸能人や業界人の間にも根強いファンが多い。

店内に1歩足を踏み入れれば、まずは豊潤なスパイスの薫りに包まれ、食欲を刺激する。どこかレトロで、重厚感のある店内は「変わらぬ名店」の名にふさわしい風格を感じさせる。

常時25種類の壺焼カレーは、「フルーツカレー」や「生ソーセージカレー」なる不思議なものから「牛フィレステーキカレー」や「鯨カレー」といったリッチなものまで幅広い。

自分のお気に入りカレーを見つけるのも楽しいだろう。


祖師谷と下北沢にある「理想のカレーライス」を知ってるか?



「カツカレー」
誰もを虜にする艶めく漆黒カツカレー『カレーの南海』

祖師ヶ谷大蔵


"カツ“の作り置き一切無し!!注文が入ってから下ごしらえ(衣付け)を始めるというこだわりを貫く注目の新店。

オープン間もないが、他のどこにも真似する事が出来ない漆黒の「カツカレー」に早くも人気殺到だ。

"南海"の文字にピンときた人もいるかもしれない。

そう!この店は都内に数店舗を構え、「カツカレー」に定評のある洋食屋『キッチン南海』で修業を積んだマスターが2014年に開いたレストラン。

カウンター6席、テーブル2席の小さな店だが、調理のすべてを見届ける事が出来るまさにシェフズテーブルな空間。

ふわっと衣を纏ったカツが油鍋に投入され、ジュワーっと油が響く音や揚げたての"カツ"をザクッと切り分ける軽快音も空腹を刺激する。

1口食べれば、辛味の奥に旨味や苦味が複雑に広がり芳ばしい薫りも駆け巡る。濃厚なルーはサクッと軽やかなカツと相性抜群。カツのほのかな甘味が全体の味わいをまとめ上げる。

どのジャンルにも属さないこれぞ南海味!!「カツ・ル―・ご飯」そのどれも欠けてはならないのだ。




「スペシャルカレー」
辛味が欲しければ卓上の2種スパイスで好みに調節可能
いつでもお腹を満たしてくれる隠れ家カレーライス『茄子おやじ』

下北沢


「カレー祭り」が開かれるほどカレー屋が多いことで知られる下北沢で、圧倒的人気地位を確立する名店は「スペシャルカレー」がイチ押しだ。

吉祥寺の人気カレー屋『まめ蔵』譲りの欧風カレーライスは、時間によって行列や売り切れになるほどの人気ぶり。

チキン、ビーフ、野菜(かいわれ、茄子・ししとう・トマト、人参)、きのこ、卵と正に具材のオンパレード。つまり「全部乗せ」だ。具材はどれもごろっと大きくワイルド。

じっくり煮込んだ柔らかい肉、トッピングされた野菜、どれも素材の特徴を活かした調理法で食感の変化も楽しめる。たっぷり乗ったフライドオニオンのカリッと食感も良いアクセント。

野菜の甘味や旨味が先行し、じんわり押し寄せる凝縮されたスパイスの辛味とコクが癖になる。

店内は女性1人でも気兼ねなく過ごす事が出来るカフェのような落ち着いた空間。“アイドルタイム無し“というのも嬉しいポイントだ。

幅広い層に好まれるどこか素朴で優しい味わいは、ふと思い出し、何度でも食べたくなる不思議な力を持っている。