新しい彼との初セックスは、どんなシュチュエーションが最適?

写真拡大

新たに付き合いはじめた彼と、そろそろ初セックスのときが近づいてきた雰囲気。できるだけふたりで気分を盛り上げていきたいところだけど、どんなシュチュエーションが理想的? 幸せなラブライフのあり方を提唱するOLIVIAさんに教えてもらおう。

初セックスはお互い緊張しがちなので、気分をほぐすためお酒の後でとなりやすい。でも、酔った勢いにまかせていると、ホテルがどこも満室でウロウロ歩き回っているうちにすっかりテンションが下がり…なんて展開になる可能性が。

「気心知れた関係ならそれでも問題ありませんが、やはりはじめはスムーズに事が運ぶよう、ある程度“段取りのよさ”を意識しておくことが必要です」(同)

気分が盛り上がってきたら、さっとスマートにふたりきりになれる場所へ移動。そんな状況を叶えるためには、男性まかせにせず、ある程度女性も“下調べ”をしておくことが大事だとか。

「もし彼が場所探しに手間取っているようだったら、“今、検索しました”というポーズを取りつつ、“このへんにもあるみたいだよ”と何気なく伝えましょう。段取りを彼まかせにせず、“ふたりで協力して目的達成”という形になる雰囲気を保つのがポイントです」(同)

中には相手に強く求められることに愛を感じ、初セックスは“もったいぶりたい”という女性もいるようだけど、これは好感度が下げる結果になりかねない。少なくとも盛り上がらなかったときに、彼の責任と思っているような態度を見せないように注意して。

「流れによっては、自分の部屋で、という可能性もゼロではないかもしれません。保険として、デートの前には恥ずかしくないように、部屋をきれいにしておきましょう」(同)

初セックスをよりよい状況に導きたいなら、保険に小さな下準備をしておくのがベター。気分が盛り上がったら、スムーズに事が運ぶシュチュエーションづくりを心掛けて!

OLIVIA
ラブライフアドバイザー。2003年より、「触れ合うことの癒し効果」と「美容と健康」を研究すべく、アロマセラピストとして活動開始。2007年からセックスアドバイザーとして活動開始。2010年よりラブライフアドバイザーに改名。性行為だけでなく、食生活やメンタルケアを含む生活全般の「ラブライフ」の在り方を提唱する。ラブライフを楽しむための講座や、サロンでのアロマトリートメントも行っている。著書『最高に気持ちがいい!感じるセックス、飽きないセックス』(実業之日本社)など。