ポーカーフェイスの21歳が逆転でツアー初優勝を狙う(撮影:上山敬太)

写真拡大

<三井住友VISA太平洋マスターズ 3日目◇14日◇太平洋クラブ御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
 3日目を迎えた国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」。15位タイからスタートした稲森佑貴が今日最少タイとなる“67”で5アンダーをマークし4位タイに浮上。首位と3打差まで迫った。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 「今週からアイアンが良い感じ。雨でグリーンが柔らかかったのでデッドに狙っていけた」と5バーディを奪取。雨が降り続く難コンディションの中、ノーボギーで18ホールを駆け抜けた。
 「ブリヂストンオープン」で2位タイに入るなど今季頭角を現した21歳は、「連戦が続いて気付かずスイングも変わっていって…」と先週の「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」で予選落ちを喫してしまう。そこで近頃の悪い流れを断ち切るために急遽、「今日急いで実家に帰ろう」と決断。
 練習場を営む鹿児島の実家に帰ってからは、鏡の前で自分のスイングを見つめなおした。するとあることに気付く。「アドレスがかぶりすぎていて、テークバックでも身体が回れていませんでした」と。転戦する中で自分のスイングをいじっていった結果、打球のコントロールが難しいスイングになっていた。
 そして、自分が一番良いときを考えてみると“ハンドファースト”の形がしっかりできていた。「色々増えたポイントをリセットしていかに振りやすいかを考えました」と修正。僅か3日間の滞在で本州に戻ると、「振りやすくなってドローヒッターのつかまった良いボールが出るようになりましたね」と好結果につなげた。
 また、初めての太平洋クラブ御殿場コースだったが、「今回が初出場だけどこのコースが好きになりました」とすぐにお気に入りとなり、それも好プレーに影響をした。「とても綺麗で富士山に向かって打つ5番なんてそのまま登っていけそうな感じ」と好感触を得た。「明日はとにかく攻めていきたいですね」。ポーカーフェイスの若武者が、故郷で見つけた自信を胸に初勝利を目指していく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>