シンガポール戦。スコアは3−0だが、締め上げ不足。将棋やチェスで言うところの「詰み」の状態に持って行ったわけではない。タイムアップの笛がなった時、シンガポールの選手に、まだ反発精神は残っていた。

 息の根を完全に止めることができなかった理由はどこにあるか。俯瞰で見た感想を敢えて一つに絞れば、サイドバックになる。長友、酒井宏。彼らのポジショニングと深い関係がある。

 日本とシンガポールの実力差を考えれば、それぞれの位置はもっと高くあるべきだった。

 だが、シンガポールのベルント・シュタンゲ監督が、それを意図的に阻止しようとしていたことも、シンガポールの布陣(4−3−3)から察することができた。

 実際、その両ウイングはかなり高い位置で構えていた。いったんプレイが止まり、リスタートになると、それはより鮮明になった。同時に、監督のこだわりであることも明らかになった。

 長友と酒井宏は、その結果、低く押し下げられた。相手の両ウイングに牽制され、センターバック2枚で形成する最終ラインと同じ高さに押し下げられた。

 もちろん、これは100%彼らの判断には見えなかった。ハリルジャパンの場合は、誰がサイドバックを務めても同じ傾向を示すからだ。サッカーにあまり新しい匂いがしない理由だが、相手のウイングが高い位置で張ってきても、両サイドバックが下がらないという選択肢は、当たり前のように存在する。

 サイドバックとウイングの関係は、いわば突っ張り合いだ。両ウイングが高く張ってきたからと言って、両サイドバックが素直に下がる必要はない。逆にサイドバックがウイングを突き返せばいいだけの話。

 シンガポールの両ウイングも実際に、長友、酒井宏が攻め上がった時、一緒に忠実に下がって付いてきていたのだ。

 下がらずに、前に残られるなら、そこで考えればいいが、そうでない場合は、ガンガン攻め上がればいい。相手の両ウイングの位置を押し下げればいいのに、長友と酒井宏は慎重になった。変に控え目になり、攻め上がりは控え目になった。相手の術中にはまった。

 試合内容で大きく上回る姿と、サイドバックが自重する姿と。バランスは悪いと言わざるを得ない。この日、示した日本のボール支配率は63%。サイドバックがもっと積極的ならば70%は行っていたのではないか。支配率がすべてではないが、たとえばそうであったとしたら、2点目と3点目の間が60分以上も空くことはなかったと思う。攻撃はもっと理詰めになっていたはずで、それこそ、シンガポールを真綿でグイグイ締め付けることができていたと思う。

 日本はもっといいサッカーができるはずなのにできなかった。

 シンガポールは0−3で敗れたが、日本の力を100%出させなかったシュタンゲ監督の作戦は光った。

 両ウイングを高い位置に張らせる積極的な守備。

 思い出すのは、オシムの言葉だ。

 06年10月、横浜国際・日産スタジアムでガーナ代表と対戦したオシムジャパンは、それまでの3−3−2−2ではなく中盤ダイヤモンド型の3−4−3で臨んだ。相手の両サイドバックに、両ウイングをマンマークで充てる作戦をとった。理由を尋ねるとこう答えた。

「ガーナのような強豪と対戦する時には、相手のサイドバックの攻撃参加を抑えることが重要になる。強豪に攻撃的サッカーをされることほど厄介なことはない」

 シンガポールのシュタンゲ監督の考え方も、オシムと全く同じだった。

 サッカーが攻撃的か否かを識別する方法はいろいろあるが、確実に言えることはサイドバックのポジショニングだ。高いか低いか。ハリルジャパンのサッカーは低い。この日に限った話ではない。少なくともアギーレジャパン時代より5m低い。

 だからといって守備的だ! と批判するつもりはないが、少なくともあまり近代的に感じない理由は、サイドバックが、攻める人でなく、守る人になっているところ。リスクを恐れて前に出たがらないところだ。

 問題は、強豪と対戦した場合だ。もし日本が、シンガポールのような弱者に転じた場合でも、これまでと同じように戦えば、強豪を攻撃的にさせてしまう危険は高い。となれば必然、弱者はいまより守備的になる。

 弱い相手と戦っている間は、現状でもなんとか事足りるが、出るところに出ると危ない。だが、出るところに出る機会は、当面ほとんどない。サイドバック問題が見過ごされれば、番狂わせの可能性は減るばかり。心配だ。