ちょっとでも疲れたり寝不足すると、お肌がボロボロ。口内炎がいっぱい。ビタミン剤は色々摂ってると思うんだけど……。そんなお肌の悩みが尽きない方におすすめなのが「ビオチン」のサプリメントです。

ビオチンとはどんな成分かチェック

ビオチンはビタミンH、ビタミンB7とも呼ばれているビタミンBの一種です。1935年にオランダのケーグルによって卵黄から発見され、皮膚炎を予防する効果やコラーゲンを生成する効果、アレルギー抑制効果などが報告されています。ビオチンが不足する「ビオチン欠乏症」になると、爪が割れやすくなったり、湿疹ができやすくなったり、結膜炎や舌炎、知覚過敏や脱毛、白髪の増加が起こります。

肌荒れを治す「ビオチン療法」もあるほど!

実はビオチンは昔から急性・慢性湿疹や、小児湿疹、ニキビの治療に使われてきました。女優の奈美悦子さんが、手足に水泡ができる難病の掌蹠嚢胞(しょうせきのうほう)を治したことで一躍有名になったので覚えている人もいるかもしれません。このビオチン療法はアトピー性皮膚炎や花粉症にも効果があるとされています。その方法とは、高濃度のビオチンのサプリメントとミヤリサンなどの生きた乳酸菌、そしてビタミンCのサプリメントを1日3回飲むという方法。ビオチンを摂取すると、それをエサにする腸内細菌が増えてしまうので、一緒に整腸剤(乳酸菌)を摂って腸内環境を整えるために整腸系成分も一緒に摂取するのです。ビオチンは高濃度のものが推奨されています。必要のないビオチンは尿として排出される水溶性ビタミンのため副作用の心配はありません。

ビオチンを食材から摂る方法はないの?

毎日の食事から摂取したい場合は、イワシや鮭などの魚、鶏レバーや牛レバー、落花生、大豆、インゲン豆などに含まれていますが、大量に摂るのは難しいので、不足しがちな場合や集中的に肌状態を改善したい場合は、やはりサプリメントに頼るのが良いでしょう。偏食がちな人は、アルコールをよく飲む人、喫煙者、便秘がちな人はビオチン欠乏症になりやすいようです。また卵の白身にはビオチンの吸収を妨げる成分が入っているので、1日に5〜6個以上卵を食べるのも、ビオチン不足になるため脱毛や倦怠感が起こってくるといわれているので注意しましょう。


writer:しゃけごはん