13日、ランキングサイトの調査で韓国が世界で最も治安の良い国に選ばれたとの報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は夜のソウルの街。

写真拡大

2015年11月13日、韓国・国民日報は、韓国が世界で最も治安の良い国に選ばれたことを受け、韓国のネットユーザーが沸いていると伝えた。あるユーザーは、「酒に酔って夜歩き回っても安全な国は、韓国以外にない」とコメントを寄せた。

【その他の写真】

各国の暮らしの質や生活費、不動産などのランキングを行うサイト「NUMBEO」が、今年の「世界の治安ランキング」で韓国を1位に選出した。順位は、車の窃盗や宗教紛争、麻薬の問題などさまざまな要素を考慮したアンケート調査結果に基づく「安全指数」によって付けられている。韓国の安全指数は83.1%で、シンガポール(82.9%)、カタール(80.0%)が続き、日本は79.1%で4位だった。一方、最下位は14.8%のベネズエラ、北朝鮮は集計圏外となった。

これにネットユーザーらは「夜中に銃撃の心配がない国も珍しいだろう」「米国では治安が良い所でも夜8時には店を閉めるよ」など、結果を裏付けるようなコメントを寄せたというが、この報道には正反対の声が多数寄せられている。

「女性を隠し撮りした動画があふれているけど、どういうこと?」
「酒に酔っても安全?ああ、男だけに限っての話ね」
「しらふで歩いてても、隠し撮りされる」
「冗談もほどほどに」

「酔っ払った男の人に追われたことが3回あります」
「欧米では多くの寄宿舎が男女共用だというけど、韓国はなぜ別々だと思う?そのことだけでも深刻さが分かるよ」
「OECD(経済協力開発機構)によると、韓国の女性の治安は最低レベルだ」
「とんでもない話だ。夜に歩き回ってセクハラされても、通報してないだけ」

「確かに、道で銃に撃たれるような心配はしなくて済むけど…。男の人は女性の状況は理解できないんだろうね」
「仕事でいろんな国に行くけど、治安が一番いいのは日本だよ」
「そうまでして現実から逃げたいのか?記者さん、お疲れさま」
「治安で1位になっても、何の意味もない。米国や日本で生まれた方が100倍いい」(翻訳・編集/和氣)