「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」では、原作の世界観を再現した大皿料理『ホリデー・フィースト』が初登場! 昨年に続いて『ホットバタービール』(右)も (C)oricon ME inc.

写真拡大

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は2016年1月6日まで、クリスマスイベント『ユニバーサル・ワンダー・クリスマス』を開催中。人気キャラクターたちが登場するパレードや、5年連続でギネス記録を更新した世界一の電飾ツリーなど、幻想的な装飾やプログラムが気分を盛り上げる一方、パーク巡りには欠かせないグルメもクリスマスムードに。そこでJOSHI+編集部では、クリスマスの限定メニューにクローズアップ! 数あるメニューの中でも、オススメのグルメを体験してみることに。

【写真】ボリューム満点の『チーズバーガー・スープ』などオススメグルメ

 今年2年目を迎えた人気のゾーン「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」では、原作『ハリー・ポッターと賢者の石』の中で、ハリーが生まれて初めて目にした豪華で心温まる大皿料理を再現した『ホリデー・フィースト』(4〜5人前9800円/以下すべて税込)が初登場。クリスマスグルメの定番のチキンの丸焼きに、イギリス伝統のグレービーソースとクランベリーソース、色とりどりの温野菜が添えられボリューム満点。チキンは皮がパリパリしていて、ひとたび噛みしめると濃厚なうま味が口いっぱいに…。ソースを添えて食べると味わいの印象がガラリ。付け合せのにんじんや芽キャベツは優しい味付けで箸休めにもピッタリ。

 魔法界で人気の飲み物「バタービール」は、昨年のヒットを受け今年も限定でホット(700円)が登場。夏限定のフローズンは冷たくて甘さ控えめに感じられるけれど、ホットは通常のバタービールよりも少し甘めな印象。建物の屋根に積もる雪やツララなど、これから寒くなるにつれパーク内と現代の季節がシンクロするシーズン。限定メニューを食べれば、さらにどっぷりとその世界観に浸ることができそう。

 2年連続の開催となる「クリスマス・ハピネス・マーケット」では、今年もホットドリンクやスイーツ、ファストフードやなど、小腹を満たすのにピッタリのグルメが続々。なかでも今年初登場の『チーズバーガー・スープ』(750円)は、手のひら大のまんまるのバケットをくり抜き、その中に濃厚なクリームスープがたっぷり。トッピングのフライベーコンとチーズを混ぜながら食べると、まさにチーズバーガーを食べているかのような不思議な味わいに…。

 クリスマス限定メニューではないものの、こちらも少しお腹が空いた!という時にピッタリなのが、13日にリニューアルしたアトラクション「妖怪ウォッチ・ザ・ラリー2」横のワゴンに登場した『ナマステカレーまん』(500円)。黄金に輝く宮殿の屋根のような形状の黄色い皮の中には、甘口のチキンカレーがギッシリ。甘口とは言うものの、スパイスの香りとコクが際立っていて、大人でも満足すること間違いなしの味わい。箱には『妖怪ウォッチ』のキャラクターがいたるところに描かれていて、妖怪の名前を当てたりしながら楽しみながら食べられるのも嬉しいところ。

 13日にスタートしたばかりのUSJのシーズンイベント。限定グルメでよりクリスマスムードを堪能してみて!