新たに、エアコン内部へのホコリの侵入を抑える「掃除アシストブラシ」を搭載

写真拡大

シャープは、高濃度プラズマクラスター25000が部屋の空気を浄化するほか、吹き出す風に含まれるカビ菌を約99%低減して清潔な風を送り出す「風クリーンシステム」を搭載したプラズマクラスターエアコン「Xシリーズ」(9機種)を、2015年12月11日に発売する。

高濃度プラズマクラスターイオンを放出することで、浮遊カビ菌を除菌、付着臭を分解、除去するほか、付着カビ菌の増殖も抑えて部屋の空気を浄化するほか、エアコン内部を清潔に保つ独自の「風クリーンシステム」を進化させ、エアーフィルターの内側に入り込んだホコリや油汚れを押し出し、エアコン内部へのホコリの侵入を抑える「掃除アシストブラシ」を新たに搭載した。

フィルターの自動掃除によって、従来機種と比べて約1.3倍のホコリを捕集することができることに加えて、カビが発生しやすい温度や湿度になると、自動的にファンが逆回転し、高濃度プラズマクラスターイオンが充満してエアコン本体内のカビ菌の発生を抑える。

「風クリーンシステム」を搭載していない機種と比べて、吹き出す風に含まれるカビ菌を約99%低減。同時に送風効率の悪化も抑えて、送風時のムダな電力消費を低減する。

さらに業界で唯一、吹き出し口周辺のルーバーを完全に取り外せる構造を採用。内部の拭き掃除や、取り外したルーバーの水洗いも可能。掃除の手順を音声でアシストするほか、掃除方法を紹介する動画をスマートフォンなどで確認することもできる。

室内機の吸い込み口を拡げ、送風ファンを大きくすることで送風効率がアップ。省エネ性能が従来機種と比べて約5.8%向上したほか、独自のロングパネルを大きくし、温風を足もとにしっかりと届けて快適暖房を実現する。

オープン価格。