写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●中の体がしっかりしているからこそ、服を着ても自然に見える
アニメやゲームのキャラクターをモチーフにしたフィギュアが、どのようにして生み出されているか、ご存じだろうか。まずはメーカーが作品やキャラクターを選定し、企画を立てる。その後、色がついていない原型が制作され、次に彩色見本(デコマス)が作られる。その彩色見本を元に工場がフィギュアを量産し、製品として店頭に並ぶわけだ。この原型を生み出すクリエイターは"原型師"と呼ばれる。

今回、ホビーメーカーのコトブキヤから2016年3月に発売が予定されている「ARTFX J 薬売り」の原型を手がけた伊藤嘉紀氏に取材する機会を得た。キャリア3年半。業界内外で高い評価を受ける原型師だ。

○薬売りの顔は2種類造り、ディスカッションして決めた

――「ARTFX J 薬売り」の彩色済みの写真が公開となりました。原型師として彩色したものをご覧になって、いかがですか。

色がつくと、やっぱり違うなと。原型の制作中も彩色後の状態を想像しながら造るのですが、ずっと地味な色のままなので、塗装された彩色見本を実際に見たときは感激しました。今回は色数も多いし、鮮やかなので、なおさらそう思います。それから、背景にも驚かされました。これ、後ろから光を当てて見ると、影絵のように「薬売り」のシルエットが浮かび上がってくるんです。この見せ方には驚かされましたね。原型を造っている時は台座はただの輪っかでしたから(笑)。

――確かにすばらしい演出です。それも伊藤さんの美しい原型があってこそだと思いますが、原型制作のこだわりについて教えてください。

まず、顔ですね。原作に近づけることはもちろんですが、「薬売り」は女性人気の高いキャラクターなので、それも意識して造りました。妖艶かつ、人間のようで人間ではない感じを出したくて、アニメや資料を何度も見たのですが、絵によってもバランスが少しずつ違うのです。そこから自分なりに一番いいと思うバランスで顔を造っていったのですが、途中で「もう少し面長の方がいいのでは?」という迷いが出てきました。そこで、少しだけ面長にした顔も作ってみて、メーカーの皆さんに2種類見ていただき、ディスカッションして決めました。

――どちらになったのですか?

最初に造っていた方ですね。

――そういった迷いはよくあることなのでしょうか。

よくあります。原型を造っていると、だんだん自分の好みが反映されていきます。そういう時はもう一度、客観視するために資料を見るのですが、そこで迷うことも多いです。

――顔は印象を決める重要な部分ですしね。

今回は原型制作中に顔料を使って目の周りのくまどりも描いてみました。普段はすぐに消せるように鉛筆で描いたりするのですが、今回はカラーだとどうなるかを見たかったのです。担当者との打ち合わせの際にも持って行って、塗装した状態を見ながら話したりしましたね。

○友人の原型師にポーズをとってもらい参考に

――顔以外ではいかがでしょう。

指ですね。薬売りの中性的で妖艶な魅力を出すために女性、特に舞妓さんの手のポーズを参考にしました。手や指というのは、実は顔と同じくらい表情が出るところなんです。それだけに、ちょっとした指のそりなども大切にしています。あとは……退魔ノ剣ですね。

――退魔ノ剣ですか! これも顔があるから?

それもありますけど、もともと妖怪とか"人外"のものを造るのが好きなんです。造っていて一番楽しかったですね(笑)。

――表情などの完成度も非常に高いですよね。ところで、今回は女性ファンを意識されたということでしたが、原型制作ではそういったことを毎回考えて造られるのですか?

今回に限らず、いつも意識しますね。一つの作品でも、女性ファンが求めるもの、男性ファンが求めるもの、作品の世界観自体が好きなファンが求めるもの、フィギュアを好きな方が求めるものは、それぞれ少しずつ異なるのではないかという感じがします。それらをできるかぎり拾い集めながら着地点を探していきますが、最後はやはり作品のファンやキャラクターのファンが求めるものは何かということに重きをおいて制作しています。

――「薬売り」にファンが求めるものを考えた結果が、中性的な顔や指などに反映されていったと。

服装もそうですね。資料を見たときは、わりと厚手の着物かなと思ったのですが、そのまま原型を造ると着ぶくれしてしまいます。そこで、あえて体のラインが出るようにして、色っぽさを強調しました。

――実際に原型を造るときは、どういった資料を参考にされるのですか?

想像で造る部分もあるのですが、今回は友人の原型師に着物を着てもらいました。実際に頭巾や足袋、小道具も身につけてもらって、同じポーズで撮った写真を参考にしながら造りましたね。

――そこは同じ原型師の方にお願いされるのですね。

同業者だとポーズの意味や、最終的にこちらがやりたいことなども理解してもらえますし、守秘義務もありますので信頼できる人にお願いしますね。

――そういう時、どのあたりを特に注意してご覧になるのですか?

ポーズによって実際にできる服のシワと骨格を見ています。どうしても服にばかり目が行きがちですが、体と服の関係が大切なんです。シワのできかたなどは何回作っても迷いますし、難しい部分です。しかし、そこにばかり気を取られていると服の中の体のデッサンがおかしくなってしまうことがあります。いまだに反省することも多いですよ。かといって、リアルによりすぎると世界観を壊してしまったりするので、バランスの取り方が難しいですね。

――服を着ているキャラクターでも、中にあるはずの肉体を意識しないといけないのですね。

そうなんです。原型師の師匠に教わったことなのですが、服を着ているからごまかせるのではなく、中の体がしっかりしているからこそ服を着ても自然に見えるのです。私もまずは服を着ていない状態で造り、メーカーのOKが出てから服を着せていくという造り方をしています。もちろん、最終的な完成形は最初から想定していますけどね。

○着物のシワを造り込みすぎて造り直すことに

――苦労した部分もあったのでは。

着物全体のシワの入れ方に苦労しました。最初は資料で見たリアルなシワを造り込みすぎて、過剰な表現になってしまいました。また、塗装や製造工程との兼ね合いで調整が必要になったところも……。そこで、資料を見直して、服の模様が持つ意味は何かということを考えたのです。その時、「この模様は目の様に見える。幻術でもかけられそうな、不気味で恐ろしい感じがする」と感じたことから、模様の円の形をできるだけゆがませないようにシンプルに造り直しました。ここをシンプルにした分、頭巾や足袋をリアル寄りに細かく造り込んでいくことでメリハリが出せたと思います。

●ブログやTwitterでファンの声を参考に
――原型を造るときは、やはり原作を細かくチェックされるのですか?

そうですね。仕事のお話をいただいたら、まず原作を読んだりアニメを見たりします。もともと知っているものもありますが、およそそれがキャラクターとの出会いになりますね。そこからキャラクターを好きになり、自分がそのキャラクターのどこに魅力を感じたのかをまとめていきます。ただ、自分自身の思い込みも入ってくるので、ブログやTwitterでファンの方の声を吸い上げて、暴走しそうになる自分を抑えていきます(笑)。一方で、自分が情熱を傾けることも必要です。バランスを取ることが大事ですね。今回の薬売りは放送当時に数回見た覚えがあったのですが、あらためてアニメ全話とコミックを見て引きこまれました。

――『薬売り』に対するファンの声はいかがですか?

おかげさまで好評のようです。アニメが終了してからかなりたったタイミングでの立体化ですが、今もたくさんのファンがいる作品ですからね。

○スネ夫と鉄腕アトムの髪型は立体化が難しい

――ここからは原型師という仕事について聞かせてください。そもそも原型師にはどうすればなれるのでしょうか。

年に何度か大きなイベントがあるので、そこに個人ディーラーとして出展し作品を発表します。私の場合は2012年2月に開催された「ワンダーフェスティバル」にて何社か声をかけていただいたのがきっかけです。それまでは会社で働きながらアマチュアとして出展していました。他には原型を一般募集している会社もあるので、応募をして作品やポートフォリオなどを持ち込んでみてもいいかもしれません。

――職業柄、普段から「立体化するとどうなるだろう」という目線でものを見てしまうことはありますか?

ありますね。好きだから造ってみたいものもありますし、実際にその仕事がくるとテンションが上がります。逆に、これは難しいな……とか悩んだり(笑)。

――どういうものが「これは立体化するの難しいぞ」と感じるのですか?

よく言われているのはドラえもんのスネ夫ですね。あの髪型は難しいです……正解はどこなんだろう。あと、鉄腕アトムのとんがりも難しいですね。あれをそのまま造って回転させると、あれっ?ってことになりそうです(笑)。

――普段、インスピレーションはどういうところから得ていますか?

模型屋さんに行ったり、フィギュアの情報誌なんかも読みます。だけど、それ以外にも面白いものって転がっているんですよ。例えば、買い物で行った雑貨屋とかホームセンターでインスピレーションを得るものに出会うことが多いですね。そういうものは買って家に置いています。

○かっこいいシワは、影のでき方がポイント

――先ほど、服のシワの話も出ましたが、人の服のシワが気になったりしますか?

なります(笑)。電車に乗っているとき、目の前にいる人のシワのでき方がかっこよくて気になったりします。

――かっこいいシワ!?

そういう時は生地感とか立ち方とかを覚えておいて、後から友人にできるだけ近い服装と立ち方をしてもらいます。それを写真に撮って資料にしたりします。

――ちなみに"かっこいいシワ"って、どんなシワですか……?

影のでき方がかっこいいシワですね。光が当たった部分と、影のバランスがかっこいいシワは良いシワだなと個人的に思います。

――な、なるほど。

服の素材にもよるのですが、少し大げさなポーズで立っているとかっこいいシワができやすいですよ。腰を入れて立ったり。

――言われてみると腰を入れて立つポーズはフィギュアにも多い気がしますね。他には原型師ならではの感覚はありますか? オブジェとかの裏が気になって仕方ない、とか……。

それもけっこう気になりますね(笑)。美術館の彫刻なんかは裏が気になって仕方ないです。正面からのベストショットは本で何度も見ますが、それ以外の角度は意外とないんですよ。美術館に行くと一つの作品をすごく長い時間かけて見るので、あまり人とは行けないんです。

――そんな悩みが……。

ちょっと前にイタリアのフィレンツェに行ったのですが、ダビデ像を正面以外から見て感動しましたね。着色されていないのに、陰影だけですばらしいのです。天才が造り、長い年月をかけて残る作品というのは、こういうものなんだろうなと実感しました。

――言われてみれば、ダビデ像は立体物の最高峰ですよね。

もちろん、彩色が加わることで助けられる部分も多いですし、色がついて相乗効果が生まれるわけですが、原型師としてはまず原型状態で完成度の高い作品を目指して勝負したいと思っています。

――最後に、原型師を目指す方へアドバイスをいただけますか。

造形について人にアドバイスできるほど、いまだ自分自身が突き詰められているとは思いませんが、強いて申し上げるとすれば、制作の際にイベントなどの確実な締切を設定することが大事だと思います。締切までに自分ができる限界まで突き詰めて発表し、発表後もそれで終わりにせず、反省点を見つけて改善していくことで、実力をつけていくことができます。恐れず、恥ずかしがらずに作品を人に見てもらうことも大事ですね。イベント会場には原型師やメーカーの方、フィギュア自体が好きな方などいろいろな人がいますからね。

――ありがとうございました!

「ARTFX J 薬売り」の商品価格は13,500円(税込)で、現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中。商品の発売および発送は、2016年3月を予定している。なお、コトブキヤショップ(秋葉原館、大阪日本橋、オンラインショップ)限定特典として、TVアニメのキャラクターデザインを務めた橋本敬史氏による描き下ろしイラストを使用したA3色紙が用意されている。

■プロフィール
伊藤嘉紀(いとうよしのり)
新潟県出身、1982年生まれ32歳。
2012年より原型師として活動。代表作は「STREET FIGHTER III 3rd STRIKE Fighters Legendary 春麗」「GUILTY GEAR Xrd -SIGN- ソル=バッドガイ 通常版」「ARTFX J 李小狼」など。男性キャラ女性キャラを問わず、服・髪の質感までこだわった造形に定評がある。ディーラー「GEKOKUJYOU」の代表として「ワンダーフェスティバル」を中心にイベントに参加している。
(C)モノノ怪製作委員会

(山田井ユウキ)