マルシャル躍動のフランスがドイツに快勝《国際親善試合》

写真拡大

▽13日に行われた国際親善試合、フランス代表vsドイツ代表の一戦は、ホームのフランスがジルーとジニャクのゴールにより2-0で勝利した。

▽来夏に迫ったユーロ2016のホスト国でもあるフランスは、マルシャル、ジルー、グリーズマンを最前線で起用。一方、クロースやエジル、ロイスといった主力を欠くドイツは、久々の代表招集となったマリオ・ゴメスが先発し、フンメルス、ボアテング、リュディガーの3バックを採用した。

▽試合が動いたのは前半終了間際、左サイドでボールを受けたマルシャルがゴールライン際をドリブルで突破。ドイツ守備陣を翻弄すると、マルシャルのセンタリングをニアサイドで待ち受けていたジルーが左足で蹴り込み、フランスが先手を奪った。

▽迎えた後半にドイツも反撃に出るが、ミュラーのシュートがポストを叩く不運もあり、同点に追いつくことはできない。すると86分、左サイドに抜け出したマテュイディのクロスに途中出場のジニャクがヘディングで合わせてフランスが加点。そのまま2-0で勝利した。

▽フランスは17日にイングランド代表と、ドイツは同日にオランダ代表との国際親善試合に臨む。