《日本は夏も終わりのようですが、こちらはプライベートヴィラでプール開き!》

《誕生日プレゼントはとうとうバッグやアクセサリーの域を超え、今年はなんと会社と車とドメインを貰いました》

 そんな調子のツイートが逮捕前日までの1年で約400件。高級料理店での食事や身につけたブランド品の数々、海外の高級リゾートでの休日やセクシーな水着の自撮り写真をアップして、“セレブ美女”として知られていた「ばびろんまつこ」こと、松永かなえ容疑者(26才)が10月28日、京都府警に詐欺と商標法違反で逮捕された。

 容疑は今年5月、カルティエの偽ブレスレットをネットオークションに出品し、京都市内の40代女性に約65万円で販売したというもの。

「松永は“中国から偽物を5万円ほどで買って正規品として出品した”と容疑を認め、これまで400万円を売り上げたと自供。被害総額は1000万円以上あるとみて捜査を進めている」(捜査関係者)

 自分の容姿や豪華な暮らしぶりをアピールする女性は「キラキラ女子」と呼ばれ、若い女性の憧れの的。中でもばびろんまつこの“キラキラツイート”は約1万5000人ものフォロワーを集める人気ぶりだった。

《明日会社に行きたくないという人にお勧めしたいのはハイヤー通勤。快適な車内でジャズやクラシックを流してもらいながら、ひたすら前に進む車内にいると自然にポジティブになれます》

《わたしが国際線のビジネスクラスやファーストクラスに乗る理由は、何も自分がそれに相応しいからというわけではなく、長時間隣に誰かいると眠れないからであって、それなのに外コンの執行役員からナンパされた日にはもうわたしはプライベートジェットをチャーターするしかないのかと悟ったわ》

 自分の仕事については《高額納税をしているニート、つまりはハイパーニートです》と書き込み、年収は“自称”3000万円。男性にはとにかく上から目線で、“マウンティング”もかなりのもの。

《正直な話年収が1500万超えたあたりから自分より年収が低いであろう異性は自然と身近にいなくなる。いてもコンビニの店員さんとか宅配便の配達員さんくらい》

《妹の誕生日プレゼントにフェンディの新作と『こういうのは25才くらいまでには男の人に買ってもらうものよ。』という言葉を添えて》

 ところが、そのキラキラはすべてイミテーションだった。松永の知人が明かす。

「数か月前まではIT企業に広報として勤務してました。美人だけど普通のOL。彼女は“リッチなスポンサーがいる”といっていましたが、それも嘘だと思います。食事をおごってくれる男性は数人いたでしょうけど、収入は給料と偽ブランド品を売ったお金ぐらいじゃないですか。高級住宅地の東京・白金に住んでいることをアピールしていましたが、実際は1LDKで家賃16万円ほどのマンション。自慢するほどのセレブ生活とはほど遠かったですよね」

『自分のついた嘘を真実だと思い込む人』(朝日新書)の著書がある精神科医・片田珠美氏はこう語る。

「彼女は『空想虚言症』の典型です。現実では満たされない自己愛と承認欲求という欲望を、空想の中で満たそうと語っているうちに、現実と空想を混同してしまったんです。『STAP細胞』があったらいいという願望を、あたかも本当のように語った小保方晴子さんと同じです。

 心理学的には、女性は他人の注目を集めれば集めるほど『自己確認』ができます。豊満な体を強調した写真を載せることによって、男性の目線を集めて自己顕示欲を満たし、同時に自己確認したかったのでしょう」

※女性セブン2015年11月26日号