福生市の男性顔はぎ遺体 司法解剖では死因特定できず

ざっくり言うと

  • 東京福生市で38歳の男性が顔の皮膚をはぎ取られた遺体で見つかった事件
  • 警視庁は13日、司法解剖をしたが死因は特定できなかったという
  • 今後、病理検査で臓器や血液などを詳しく調べ、死因の解明を進める

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング