これってダメなの!?意外なNG食べ合わせ

写真拡大

食べ合わせというものがこの世には存在します。それは一緒に混ぜたり、つけたりして食べるものなのですが、一緒にすると体に悪影響を与えてしまう食べあわせがあるのです。チェックしましょう。

レモンティーは実は発がん性物質がある?

紅茶好きな人は、レモンティーでさっぱりしたいという時もあるでしょう。そんな時、どうしますか?レモンを紅茶に絞りますよね。しかし紅茶にはカフェインが多少入っているので、それと合わさり、発がん性物質が生まれる可能性があると言われています。レモンティーなど当たり前だと思っていた組み合わせがNGとは意外な感じがします。

トマトときゅうり

トマトときゅうりと言えば夏の風物詩としてよくあげられますし、サラダとして一緒に出されることもあります。しかしこの組み合わせもNG。トマトのビタミンCをきゅうりが壊してしまう可能性があります。きゅうりを酢漬けにすることでこの現象を回避できますから、トマトを食べたい時はきゅうりは控える、もしくは酢につけるようにしましょう。

ビールのおつまみフライドポテト

フライドポテトは居酒屋などに行けば大体どこにでもあるメニューで、ビールとよく合うと思って食べながら飲んでいる人も多いのですが、脂肪を合成する酵素が発生し、脂肪の吸収がアップしてしまうようです。中性脂肪が増えますし、肝硬変など他の疾病にも注意が必要になります。


その他、ソーセージとたらこがダメだとか、焼酎とグレープフルーツの組み合わせは急性アルコール中毒を引き起こすなど、色々NGの組み合わせがあります。なんでも大丈夫と思って食べていると悪影響が起こる可能性がありますから、しっかり覚えておきましょう。

Photo by fotolia