写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アニメーション制作スタジオ「マングローブ」の経営破綻により公開が延期されていた劇場アニメ『虐殺器官』に関して、制作再開のめどが立ったと発表された。

『虐殺器官』は、夭逝した小説家・伊藤計劃氏が遺した小説を劇場アニメ化していくプロジェクト「Project-Itoh」で制作されていた作品のひとつ。2015年9月末に起きた、制作会社「マングローブ」の経営破綻により、制作の中断と公開延期が発表されていた。

このたび、同作のチーフプロデューサーである山本幸治氏が、この作品の制作に向けた新スタジオ「ジェノスタジオ」を設立。新スタジオの名称は、同作の英語タイトル「GENOCIDAL ORGAN」よりとっており、劇場アニメの企画プロダクション「ツインエンジン」の100%子会社として、11月中に正式に設立の予定となっている。

同作監督の村瀬修功氏ほかメインスタッフは続投。現時点で公開時期は未定となっているが、制作体制を強化し 2016年内の完成を目指しているという。

山本氏はこの発表に際して、「お客さんの期待を裏切らずに済んだことが何よりです」としつつ、「今回のマングローブの問題は業界全体の問題であり、他人事ではないと感じています。『虐殺器官』をきっかけに生まれたスタジオが、業界を変えていく最前線になればと思っています」と、同スタジオ設立にかける思いをコメントとして寄せている。同スタジオでは登記後速やかに『虐殺器官』の制作を再開し、その後、アニメ制作会社「絵梦」との協業(タイトル未定)を予定しているとのことだ。

なお、制作中止前に販売した劇場前売券は使用不可となるため、一度払い戻す必要がある。詳細は同プロジェクトのWebページにて。