シリーズの最新映画も待ちきれない『ハリー・ポッター』シリーズのスタジオが贈る、<誰も知らないピーターパン!>を描いた感動のファンタジー超大作『PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜』が現在公開中です。

上映中、映画を観ている人のコンタクトレンズを何回も外してしまうほど(?)の感動作として、口コミでも感動の輪が広がっています。

 


そこで今回Noshでは、この物語の主人公=ピーターパン役のリーヴァイ・ミラーくんを直撃!

いま“世界でもっとも美しい少年”と称されるリーヴァイくんは、素顔もとっても心優しい美少年でした! ピーターパンとして実際に空をフライした感想や、ネバーランドを牛耳る海賊“黒ひげ”役のヒュー・ジャックマンとの共演の感想などを質問しました!

――ピーターパンとして空を飛んでいましたね! その時の感想は?

飛ぶシーンは、すごく楽しかった! 特に今回のセットはすごくて、俯瞰から観られるスケールだったんだ。セットの素晴しさは、何年かかっても語り尽せないほどさ! 特にロボットのアームの先に付けられての撮影はクレージーだったよ(笑)。三週間ほどの準備期間で役作りやほかのキャストとの共同作業、一日一時間はスタントの練習をしたよ。

 

――内面的には、どのように理解して主人公を演じましたか?

最初は孤児院にいて、それから海賊たちに連れ去られて採石場で働いて、その中で母親と出会うことで自分の運命を見つけていくんだ。そういうことを考えて作っていく作業は、とても楽しかったよ。

 

――さて今回、大先輩のヒュー・ジャックマンとの共演も果たしたわけですが、撮影を通して成長したなと思うことは?

映画を作るという経験のすべてが自分にとって刺激的で、撮影には半年ほど参加したけれど、キャスト、スタッフ、一緒に仕事をするだけで本当に学びが多かったし、そこで得た知識や経験が僕を成長させてくれたと思うよ。

 


 

――しっかりしていますね! 具体的には、どういう知識や経験を得ましたか?

たとえば映画を一本作るために、これほどまでに皆頑張らなくてはいけなくて、たくさんの仕事が映画の現場にはあって、そういう人がいるからこそ、いい作品が作れているとかね。肉体的な面では、今回飛ぶシーンや落ちるシーンがいっぱいあったので、そこは集中しなければいけないところだったよ。

 

――今日はありがとうございました! 今後、挑戦したいことは何ですか???

朝起きることもチャレンジだからね(笑)。ロッククライミングが大好きなので、実際の崖や岩を登ってみたい。まだ外では挑戦したことがないから(笑)。
映画『PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜』は、大ヒット上映中!

【関連記事】

※故・森田監督の想いを胸に松ケン「景子ちゃんと松山で映画を撮る」夢が叶い満面の笑み

※ボルトがナルトをごぼう抜き!映画『BORUTO』シリーズ歴代最高スタート

※ハリウッドが誇る紳士、「ヒュー・ジャックマン」来日直撃インタビュー