<三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目◇13日◇太平洋クラブ御殿場コース(7,246 ヤード・パー72)>
 昨年に引き続き「三井住友VISA太平洋マスターズ」に参戦のバッバ・ワトソン(米国)は2日目も伸ばし首位をキープ、日本初制覇に向けて最高の位置で決勝ラウンドに駒を進めた。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 この日、OUTから出たワトソンは1番でセカンドを2メートルにつけて幸先よくバーディを奪うと、4番パー3ではもう少しでホールインワンというショットで観客を沸かせた。
 上々の立ち上がりを見せたワトソンだったが、6番パー5でトラブルに。ティショットを右に曲げ林の中へ。2打目ではピン方向に低く打ち出すも、ボールが木に当りグリーンに飛ばずフェアウェイ。続く3打目も大きく右へ曲げて7番ティグランド前のカード道へ転がった。2メートル超の木が立ち塞がり、簡単にはアプローチが出来ない4打目だったが、ここで世界4位の技を見せる。グリーンにのせることも難しい状況でボールをふわり浮かし木を超えてカラーにオン。そこから2パットで決め、2度トラブルも何とかボギーで凌いだ。
 後半はボギーが先行したが、13番、14番と連続バーディを奪うなど、後半は2つ伸ばすことに成功、トータル12アンダーでホールアウトした。“69”のラウンドに「昨日ほどパットが入らなかったけど比較的良かった」と及第点を与えた。
 明日は昨年“77”と崩れたムービングデー。天候の悪化が予想されるが「変えることはほとんど無い。ちゃんとグリップ、ボール、クラブフェースをドライな状態をキープすることくらいだね」。まずは基本に忠実に。気負うことなく決勝ラウンドに臨む。「できれば60台、3アンダーくらいいきたい。雨だけど良い結果を出したいね」と言い、サインを求める長蛇の列へと向かった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>