3-0の完勝を収めたとはいえ、シンガポール戦は勝って当たり前の試合。格下相手に決定機を与えているようでは、この先が不安だ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全4枚)

 ホームで戦った前回対戦ではスコアレスドローに終わったシンガポールを相手に、日本は金崎、本田、吉田のゴールで危なげなく3-0の勝利を収めた。もう少し点が取れそうな雰囲気はあったけど、確実に勝点3を取らなければならない試合で、しっかりと勝ち切れたのは良かった。

【PHOTOギャラリー】シンガポール 0-3 日本
 
 ただ、この試合を「リベンジ」と捉えることには強い違和感がある。ワールドカップ予選はどんな試合でも難しいのかもしれないけど、それでも相手は格下のシンガポール。選手たちが浮かれているとは思っていないけど、このレベルの相手には勝って当たり前。当然の結果として受け止めたい。
 
 だからこそ、良い部分よりも悪い部分のほうが気になったし、日本の明らかな弱点が見えた。
 
 それは、守備の部分。無失点に抑えたとはいえ、後半、サイドからクロスを上げられた時に、危ないシーンが何度かあった。相手がシュートを外してくれたから助かったようなものの、これが最終予選やワールドカップ本大会だったら、2、3点取られていてもおしくなかった。
 
 完勝に近いゲームでも、後半にああいう場面を作られていること自体、どうかと思う。きれいにクロスを上げさせているし、中の対応もルーズで簡単にスペースを突かれている。
 
 崩されて決定機を作られているわけではない。にもかかわらず、数的優位を保ちながらも“1点もの”のシュートを打たせてしまった。「リベンジ」できたなんて喜んでいる場合じゃない。日本は最終的な目標をどこに設定しているのか。その観点で見れば、勝ったことよりも、こうした課題に危機感を覚えるべきだ。
 ポジティブな要素を挙げれば、代表初ゴールとなる先制点を挙げた金崎だ。この選手には以前から注目しているけど、期待どおりの活躍を示してくれた。
 
 鹿島での好調ぶりを、そのまま代表でもいかんなく発揮できていた。一つひとつのプレーがスピーディで、キープ力もシュート力もある。戦術に縛られることなく、自由に動き回っていた印象で、ゴールシーン以外にもチャンスに絡めていた。
 
 とりわけ評価したいのが、裏に抜け出すセンス。例えば、清武がボールをもらいに行くために少し下がり、それによって相手のCBが釣り出された瞬間、ゴール前の空いたスペースに抜けなくスッと入り込める。オフ・ザ・ボールの動きが秀逸で、得点の確率を高められる選手であることを証明していた。
 
 一方、トップ下の清武の出来については、若干の不満が残る。たしかに、パスを引き出すポジショニングは絶妙だったし、攻撃をテンポアップさせることができていた。
 
 実力は間違いなくあると思う。でも、決定的な仕事ができていたかと言えばそうではない。「上手さ」はあったけど、「怖さ」はそこまでではなかった。
 
 その意味では、残り15分で途中出場した香川のほうが存在感は際立っていた。走る距離が長くて、特にペナルティエリアに侵入するタイミングが良かった。結果的にボールが出てこなかったけど、“ここでパスが来れば”という場面は少なくなかった。
 
 ペナの中でいかに勝負するか。香川が最も輝くのはそこだし、彼もそれを理解しているはずで、自分のストロングポイントを表現できていた。出場時間は短かったけど、やはり代表の10番を背負うだけの力があると再認識できた。
 その他の個々について言及すれば、ボランチで先発した柏木は悪くなかったと思う。ミスが少なくて、スムーズにボールを動かしながら、攻撃にアクセントもつけられていた。彼を抜擢したハリルホジッチ監督も、及第点の評価を与えたはず。
 
 その柏木とコンビを組んだ長谷部は、金崎との相性が良さそう。先制点が決まった後、長谷部のアーリークロスから金崎の惜しいヘディングシュートがあったけど、彼らは感覚が似ているんじゃないかな。この先、金崎がコンスタントに出場するようになれば、ふたりのコンビネーションは日本の新たな武器になりそうな気がする。
 
 2ボランチに関しては、あえて注文をつけるなら、もっと後ろから、前に早く飛び出していけるような、推進力のあるプレーが見たい。長谷部や柏木、あるいは山口や遠藤といった選手もいるけど、世界で勝つことを考えれば、正直に言えば、まだまだ物足りない。水準以上の守備力を備えて、攻撃にもアグレッシブにいける。そんなタイプのボランチの台頭を期待したい。
 
 問題は、本田。チームの2点目を決めたとはいえ、キレがないし、全体的に身体が重い。ミランで思うように出場機会を得られていないのは知っているけど、その影響がもろに出ている。試合勘が完全に戻っていないし、清武と同様、「怖さ」がない。
 
 右サイドで柏木や酒井とともに、ダイレクトプレーを織り交ぜて局面を崩したりはできていた。それでも、自分自身のパフォーマンスにはいろんな意味で納得できていないはず。ここからどれだけ復調できるか。彼の実力はこんなものではない。
 次のカンボジア戦に向けては、勝点3はもちろん、最後のクロスの質だったり、フィニッシュワークの精度をさらに上げてほしいと思う。
 
 シンガポール戦では、酒井が何本かクロスを上げていたけど、ひとつもゴールには結び付けられなかった。彼自身の技量が不足しているのかもしれないし、ターゲットとなる選手にも、ポジショニングだったり、入り込むタイミングだったり、改善の余地があると思う。
 
 細かい部分かもしれないけど、ただ勝つだけでなく、ディティールにもっとこだわって戦ってほしい。それは攻撃面だけでなく、最初に指摘したように、守備の部分でも最後まで集中して、相手にひとつのチャンスも与えないようにする。
 
 実力差がある戦いだけに、より完璧な内容で連勝を飾ってほしい。