「レセプト債」を発行していた運用会社が破綻 どのような仕組みか

ざっくり言うと

  • レセプト債を発行していた運用会社が破綻するという事件が発生した
  • レセプト債は医療機関の診療報酬請求権を証券化し小分けにして販売したもの
  • 発行総額は約227億円にのぼっているが、大部分は償還されない可能性が高い

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング